カメラ機能・性能の良いスマホ3選!

スマートフォンには、もちろんカメラ機能がありますよね。飲食店などでカメラで料理を撮影して、SNSなどに投稿している方も多いです。

せっかく撮影するなら、そのカメラのスペックが優れているスマホが欲しくなる事もあるでしょう。そこで今回はスマホのカメラ性能を見極めるポイントと、その性能が優れているカメラを紹介していますので、参考にしてみて下さい。

その選び方が知りたかったんだよ

カメラ性能を見極めるスマホ選びのポイント

画素数とF値を基準にカメラを選ぶ

具体的にどのような基準でカメラの性能を見極めれば良いかというと、まず画素数とF値です。画素数が高めなカメラを選ぶ方が良く、F値は小さい方が良いのです。

画素数の基準ですが、1,200万以上であるかどうかを確認してみると良いでしょう。その数値が大きいほど、きめ細やかな画像を撮影する事ができるのです。できる限り画質にこだわりたい時は、2,000万画素以上のカメラが実装されたスマホがおすすめです。

また上述のF値は、手ブレなどに影響を及ぼすのです。スマホで撮影しますと、たまに手ブレが生じてしまう事もあります。特に夜の時間帯などは手ブレが発生しやすいですが、それもF値次第なのです。その数値が小さいカメラの場合、手ブレは発生しづらい傾向がありますし、シャッタースピードも速くなるのです。

レンズの枚数に注目

またレンズの枚数も、カメラの性能を見極めるポイントの1つになります。そもそもスマホに装着されているレンズは、1枚だけとは限りません。複数のレンズが取り付けられているカメラもあります。
レンズが1枚限りのカメラですと、背景をぼかすような撮影は少々難しい事も多いです。しかし2枚以上のレンズが取り付けられたスマホの場合、より多彩な写真を撮影できるようになります。高性能なカメラを求めているなら、ダブルレンズかどうか確認してみると良いでしょう。

ズーム機能に注目してみる

それとスマホに実装されたカメラには、ズーム機能もあります。レンズに映っている画像も拡大できるのですが、そのズーム機能も2種類あるのです。光学ズームとデジタルズームがあります。

前者の光学というタイプの場合は、レンズを物理的に動かすタイプです。普段は広角モードになっているレンズを動かすと、望遠レンズの状態になるのですが、その際にレンズがやや出っ張って見えるのです。
それに対してデジタルズームは、レンズ自体は動かしません。その代わりレンズに映っている画像の一部だけを抽出して、焦点を当てた範囲のみ拡大表示させるのです。

光学ズームの場合は、画像が劣化しづらい特徴があります。PCの画像編集ソフトなどで拡大してみると、画像が劣化してしまう事があるでしょう。同じ現象が起こり得るのです。しかし光学ズームは、デジタルズームのようにレンズが出っ張ることもありません。光学ズームの方が見栄えが良いという声も多いです。

便利な機能があるかどうかに注目

その他にも、実装されている機能を基準にカメラを選ぶ方法があります。例えばAI機能です。カメラには色々な撮影モードがありますが、AIが実装されているカメラの場合、そのモードを自動的に切り替えてくれます。いわゆるオートマチック車の自動調整のような機能があるのです。

またカメラによっては、セルフィーと呼ばれる機能があります。例えばカメラに向かって笑顔を見せただけで、自動的にシャッターが作動するカメラもあれば、手のひらを見せるだけでシャッターを切ってくれるカメラもあるのです。

そうかと思えば、手ぶれ機能が実装されたカメラもあります。便利な機能が実装されているかどうかも、カメラを選ぶポイントの1つになるでしょう。

オススメのカメラ性能が良いスマホ

Mate 20 Proの画素数は最大6,800万

Mate20Pro

では具体的にどのスマホがおすすめかと言うと、Mate 20 Proという機種に注目してみると良いでしょう。ちなみにファーウェイ社が発売しているスマホになります。
なぜそのスマホがおすすめかと言うと、まず解像度の高さです。そのスマホには2つのカメラが実装されていて、アウトカメラの画素数は最大6,800万になっています。色々なスマホがありますが、そこまで高い画素数を誇っている機種はなかなか見かけません。

かなりきめ細やかな画像を作成できる訳です。ちなみにそのスマホにはインカメラも実装されていますが、最大2,400万画素になっていて、かなり高い数値を誇っています。

レンズの数も申し分ありません。他の機種ですと設置されているレンズは1枚だけの事も多いですが、上述のMate 20 Proというスマホはトリプルレンズになります。複数のレンズが装着されているだけに、多彩な画像を作成できる機能が備わっているのです。

またMate 20 Proという機種の場合は、撮影できる範囲の広さにも特徴があります。その機種には3種類のレンズが装着されている訳ですが、その中の1つは広角レンズになるのです。他のスマホですと、あまり広い範囲は撮影できないケースもありますが、Mate 20 Proはそれも問題ありません。

Mi 9は3枚のレンズを搭載

Mi9

それとMi 9というスマホもおすすめです。Xiaomiという会社から発売されているスマホになりますが、まずレンズの枚数は申し分ありません。上述のファーウェイ社のスマホと同じく、3枚のレンズが実装されていますから、多彩な画像を作成できます。

またMi 9のカメラは、ズーム機能も充実しているのです。上記でも少々触れた通り、ズームしてしまいますと、カメラによっては画像が劣化してしまう事もあります。しかしMi 9というスマホの場合は、光学2倍ズームのカメラを実装していて、たとえ拡大した時でも劣化しづらい性能を備えているのです。ですからスマホで拡大撮影する状況が想定されるなら、Mi 9という機種はおすすめです。

またMi 9は、画素数も問題ありません。上記でも少々触れた通り、カメラの画素数は1,200万以上あるのが望ましいのですが、Mi 9というカメラは4,800万画素を誇っているのです。きめ細やかな画像を作成したいのであれば、このスマホはおすすめです。

iPhone XSは暗い場所での撮影に

iPhoneXS

またiPhone XSもおすすめです。このスマホのカメラは、暗い場所での撮影には向いています。
そもそもスマホで暗い場所で撮影してしまうと、画像がぼやけてしまうケースも多々あるのです。原形はどのような画像だったのか、よく分からなくなってしまうスマホも多いです。上記でも少々触れましたが、暗い場所では手ブレなども起こしやすいので、やや撮影しづらい傾向はあります。

しかしiPhone XSという機種は、それも問題ありません。暗い場所での撮影には強いカメラですから、普段から夜に撮影する機会が多いなら、iPhone XSはおすすめです。

それとiPhone XSは、余計な機能が実装されていないメリットもあります。他社が提供しているカメラは、確かに便利な機能が実装されている事も多いですが、それだけに操作方法が分かりづらいスマホも多いです。

しかしiPhone XSには、あくまでも必要最小限の機能が実装されていますから、操作は特に複雑ではありません。操作性がシンプルなカメラを求めているなら、iPhone XSはおすすめです。

ちなみにiPhone XSは、画素数は1,200万程度になりますから、上記で紹介したカメラほど画素数は大きくありません。ですが操作方法は分かりやすいですし、夜景も撮影しやすいことを考慮すれば、おすすめのスマホの1つです。

画素数が物凄い高いスマホもあるんだね、スマホでも相当綺麗な写真が撮れそうだ

おすすめの記事