Skullcandy Ink'd Wireless が手頃でオススメ!ワイヤレスイヤホン選びに迷っているならこれで決まり

電車に乗っていても街を歩いていても、道行く人の耳にはイヤホンがささっている今日この頃。
よくよく観察してみると、一昔前に比べて見て、あるものが足りない。

そう。コードです!

iPhoneからイヤホンジャックが消えて久しいですが、最近は端末と繋がないワイヤレスイヤホンが増えてきましたよね。実際、筆者もコードレスに憧れ、ワイヤレスイヤホンの購入を検討しました。

そこで色々と調べて見たのですが、なんと種類の多いことか。
ヘッドホンタイプは今回は見送るとしても、iPhone純正のワイヤレスイヤホンのように両耳独立しているものから、ベルトでつながっているものまでもう様々。価格帯も色々で、イヤホン界隈に精通しているわけではない筆者からするとどれを選べばいいかさっぱり!

この記事を読んでいるあなたもそうなのでは?

そこで、今回は筆者がチョイスしたSkullcandy Ink'd WirelessのS2IKW型についてレビューをしてみます!

確かにイヤホンはどれを選べばいいのか迷わな

Skullcandy Ink'd Wireless到着

と、いうわけで手探りで購入したSkullcandy Ink'd Wireless-S2IKWですが、箱の見た目はこの通り。
黒は高級感のある色ですが、白い文字との対比が美しいですね。
お値段はAmazonで当時5000円弱だったと記憶していますが、見た目的にはそれ以上な感覚。


筆者は既に取り出してしまったあとなので、写真はケースだけですが、中身はこんな感じです。ケースの内側に本体があり、あとは取扱説明書と予備のクッション。

海外の製品なので無事扱えるか少し不安でしたが、説明書にはもちろん日本語もありました。かなりの言語に対応している上、操作自体は直感的なので特につまずくことはなく、セッティング完了。


これは筆者のMacに接続したときの設定画面のスクショです。表示名はInk'd Wireless。説明書にも書いてありますが、特徴的なドクロのボタンを長押しすれば接続モードです。

Bluetooth規格ですが、とてもスムーズに接続できました。
ただ、どうもうまくいかないということがあったら、もしかしたら別のスマートフォンなどの端末とつながっているかもしれないのでご確認ください。

筆者は後に、iPhoneと同期中のイヤホンを必死にMac とつなげようとして苦戦したことがあります。

Skullcandy Ink'd Wirelessを使用してみてよかった点

軽い

第一に、軽いことです。それはもう、驚くほど軽い。首にかければ視界にも入りませんし、つけていることを忘れるほど。実際、ふさわしくない場面でイヤホンを首にかけたままにしていることに気づき、慌ててしまった経験もあるくらいです。肩がこったり、首が痛くなったりすることはないでしょう。

音質

第二に、音質です。私は音響マニアではないので、音質についてとやかく言うことはありません。ただ、さすがにおかしな点があれば気づくというもの。

この商品には、特段気にかかるところはなかったように思われます。もちろん、音にこだわる方からすればもっと音質に特化した商品はあるのかもしれませんが、そのような方はこの記事をみてはいないでしょう。

収納性

第三に、収納性。独立型と比べ、ベルト型はややしまいにくいといった印象があるかもしれません。
確かに、親指サイズのイヤホンと比べれば場所はとるでしょう。それでも、柔軟な素材を利用したSkullcandy Ink'd Wirelessは、くるりと丸めることができ、小さなポケットにも入れられます。


別の方のレビューで、線が細いため断線して音が聞こえなくなる、というものがありましたが、半年、そこそこ乱暴に扱っている筆者のイヤホンは全然正常です(クッションはなくしましたが、これについては後述します)

めちゃくちゃコードが長いわけでもないので、絡まることもあまりありません。それこそ、尖ったものと同じ場所にしまわない限り、壊れることはないのではないでしょうか。もちろん、長く使いたければ丁寧に扱うべきですが。

充電

あと、加えるとすれば充電についてですね。一応8時間持つと表記されており、数えてはいませんが体感そんな感じです。

特筆すべきは、充電がなくなったときの信号について。ワイヤレスイヤホンを利用している知り合いがいれば、こんな話を聞いたことがあるかもしれません。バッテリーが少なくなったとき、それを知らせる音がうるさい、と。

私の主観ですが、この商品ではうるさいとは思いませんでした。機械音が軽く鳴るだけですので、英語で「ばってりー、ろう」なんて言われるものではありません。

Skullcandy Ink'd Wirelessの気になった点

良い点ばかり書き連ねるのもいかがなものかと思われますので、公平に、気になった点についても触れていきます。

音が途切れることも

第一に、たまに音が途切れることがあります。一日使っていて、一度といった頻度でしょうか。ぷつり、だったり、じじ、だったり。まぁとにかく、ほんの少し音楽がずれたりします。

単純にイヤホンとスマートフォンを離し過ぎていることも原因として考えられますが、近くに置いていてもこの問題が発生することがあります。ただ、本当に一瞬のものなので、筆者は気にしていません。

コードが余る

第二に、耳にかけたときにコードが僅かに余ることがあります。正面から見ると、コードがたわんでいるように見えるということです。耳の後ろを通して、くるりと耳の穴にいれるタイプの方であればジャストフィットなのですが、シンプルに突っ込む派の筆者からすると、少々見た目がダサいかな、と思いました。

コードが泳ぐ

第三に、耳にさしていないとかなりぶらぶらと泳ぎます。両耳ふさぎたくないときなどに、筆者はよく右耳だけ外してぶらぶらさせているのですが、歩くたびに胸を打ち、時折肩を超えて後ろに回ることもあります。

だからといってクッションがとれるほど軟弱な作りではないのですが、どうも気になるときは気になるというもの。

また、このときどこかに引っ掛けて、クッションを紛失しました。あるあるです。予備が両耳分あるのでことなきを得ましたが、今はシャツの胸ポケットに入れることで泳がないようにしています。

逆に、イヤホンは電車の中だけで、つけているときはほぼ歩かない、といったような方にはあまり気にならない問題かもしれません。

Skullcandy Ink'd Wireless総合評価

さて、ここまでSkullcandy Ink'd WirelessのS2IKW型について、多少脱線しながらもみてまいりました。
総合的評価としましては、かなり満足です。特に、とりあえずBluetoothのワイヤレスイヤホンを買ってみようかな、という人で、かつ5000円以下で予算を組んでいる方にオススメです。

逆に、音質だったり、完全独立だったり、その他にこだわりがある方にはオススメはできません。
イヤホン界隈で5000円というと、かなり安い方ですから、上を見ればいくらでもすごい商品がたくさんあります。

とはいえ、Skullcandy Ink'd Wireless-S2IKWがすこぶる悪いわけでもなく。筆者もこの製品を用いて半年が経ちましたが、買い換えるつもりは全然ありません。

興味がある方は、電気屋さんなどで試しにつないでみてください。元も子もないですが、試して見るのが一番です。

そこまで高くないし、結構良さげじゃん

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事