自動運転の現状のレベルってどれぐらいなの?

車を運転するなら、もちろん運転手が車を操作する必要があります。アクセルやブレーキを踏んだり、ハンドルで車の方向などを調整する必要はあるでしょう。しかし最近は、状況が大きく変わりつつあります。自動運転の車も普及しつつあるからです。

自動運転本当に実現するのかな・・・?

自動運転とはどのようなシステムか

最近登場している車には、すでに自動運転に関連する装置も色々実装されています。いわゆる安全装置です。
例えば自動的にブレーキをかけてくれる装置があります。車を運転していれば、たまに何かに衝突しそうになる事もあるでしょう。もちろん車を停める為には、ドライバーがブレーキを踏む必要があります。

しかし安全装置が実装されている車の場合、自動的に停車してくれるのです。もしくはスムーズに停車する為に、安全装置がサポートしてくれます。
というのも車の前方部分には、障害物を感知する為のセンサーが設置されているのです。センサーが歩行者などを感知して、衝突の危険性が高まっている時などは、自動ブレーキが発動される仕組みになっています。センサーでなく、ブザーを鳴らしてくれる車もあります。そのような安全装置が実装されている車は、かなり需要があります。安全装置がある方が、車を安全に運転しやすくなるでしょう。

その安全装置も、自動運転の一種なのです。上記のセンサーにしても、「危険が迫っている」かどうかをAIや人工知能が判断する事になります。システムが判断を下して自動的に運転するような状態は、自動運転と呼ばれるのです。

ハンズフリー運転も可能になる

また漫画などを読んでみますと、自動車の未来像が描かれている事があります。その1つに、ハンズフリー運転があるのです。
もちろん車を操縦する為には、ハンドル操作を行わなければなりません。ところが将来的な車は、そのハンドル操作も不要になると予想されているのです。

では、どうやって車をハンドリングするかと言うと、上述の人工知能などのシステムに任せる事になります。自動システムが車の周辺の状況を感知して、状況に応じた車の操作をしてくれる訳です。という事は、ドライバーとしては車のハンドルを握る必要はありません。ですから漫画作品を見てみますと、ドライバーがハンドルを離した光景が描かれている事もあります。

ただし、そのハンズフリーの運転は未だ実現されていません。実際街を走っている車を観察してみると、大多数のドライバーの方々はハンドルを握っているでしょう。今後はそのハンドル操作も不要になると見込まれるのですが、まだ現時点では実現していないのです。

自動運転のレベルとは

それで上記でも触れた自動運転には、実は色々なレベルがあるのです。レベルは0から5まであり、それぞれ自動運転の度合いに関する違いがあります。

レベル0と1

まずレベル0は、自動運転のシステムが全く実装されていない状態です。ブレーキやアクセルやハンドルなどの操作は、全て運転手が管理する必要があります。安全装置もありません。システム未実装の車とも言えるでしょう。

それとレベル1は、上記で触れたような安全装置が実装されているような状態です。例えば車線を逸脱している時には、安全装置が働いてステアリング操作を行ってくれます。そうかと思えば、スピード調整の機能もあるのです。前側を走っている車との距離が近すぎる時は、スピードを自動的に落としてくれる装置もあります。

ただ安全装置が実装されていると言っても、車の運転の全てをシステムに任せる訳ではありません。あくまでも運転「補助」のようなイメージになります。

レベル2と3

レベル2は、上述のステアリングとスピード調整の両方の機能が備わっています。レベル1の場合、どちらか一方のみの機能が実装されているのであり、どちらが採用されているかは車によって異なります。しかしレベル2はその両方が実装されているので、安全性が更に高い状態とも言えます。

現在流通している新車は、たいていこのレベル2の状態になっているのです。比較的ハイレベルな運転補助機能が実装された車とも言えます。

ですが、もちろん車の運転はステアリングとスピード調整だけではありません。その他にも、色々な要素があるでしょう。ですからレベル2も、完全自動の状態ではありません。完全自動というのは、ある意味レベル3以上の状態を指します。これぐらいのレベルになると、システムがあらゆる操作を行ってくれるのです。

ただし緊急的な状況になった時は、運転手本人が操作を行うことになります。システムが止まってしまった時などは、車を動かせないでしょう。その場合は、本人が緊急操作をする事になります。
現時点で日本で出回っている車は、レベル3の状態には至っていません。後述しますが、現時点では採用が難しい状況だからです。

レベル4と5

レベル4と5は、殆ど全てを自動運転のシステムに任せます。上記でも少々触れた通り、レベル3の車は、緊急事態になった時に手動操作する事になります。しかしレベル4ぐらいの車になると、緊急事態になった時でもシステムに処理を任せる事ができます。もちろん緊急事態だけでなく、車のあらゆる操作をシステムに自動実行してもらう事になります。

そしてレベル5は、場所の制約がありません。実は上述のレベル3と4の車は、場所が限られるのです。あくまでも高速道路など一部の場所に限定されます。一般道などでは、自動運転できません。しかしレベル5であれば、どの場所でも使用しても構わないのです。

多くの日本車がレベル2以下になっている理由

ですから日本で出回っている車の現状は、最高レベル2ということになります。ヨーロッパで作られた一部の車に限りレベル3の状態に達していますが、レベル4以上の車は現在ありません。これから開発されると見込まれているのです。
日本にある「普通の車」は、全てレベル0であると考えて良いでしょう。最新性能の新車は、レベル2になっているのが実情です。

では、なぜ日本の車はレベル2以下になっているかというと、事故も想定されるからです。残念ながら、自動運転の車はたまにトラブルを引き起こしています。
例えば、天候不良です。もちろん日によっては、天候があまり芳しくない事もあるでしょう。悪天候の日には自動運転のシステムが作動しない事があるのです。それでブレーキが作動しなくなるのは困るでしょう。

それと安全装置の精度に関する問題があります。確かに安全装置は、車周辺の色々な状況や情報を教えてくれます。しかし教えてくれる情報は、必ずしも正確ではあるとは限らないのです。レベル2の車なのですが、色々な情報が混在してしまった為に、かえって混乱の元になっているケースもあります。発展途上の一面があるのです。
問題点が散見される以上、全ての車をレベル3以上の状態にするのは困難です。もう少し精度を高めていかない事には、3以上にするのは難しいでしょう。

自動運転を広める為には法改正も必要

それと法的な問題があります。現在の日本はある条約に加入している都合上、自動運転を認めるのは難しい状況なのです。ですから今後の日本で自動運転を普及させる為には、法改正も行わなければなりません。もちろん慎重な議論を行った上で、法律を決める必要があります。

それは少々時間がかかりますから、レベル3以上の自動運転が普及するのは、まだ先の話であると見込まれています。しかし、いずれは大幅に増えていくとも想定されているのです。

うーん、なんかまだまだ先な予感・・・
おすすめの記事