ウェブ担当者なら是非知っておきたいgoogle analyticsの使い方

現在、様々な業種のマーケティング活動においてウェブマーケティングはなくてはならないものとなっておりますが、特にウェブサイトのトラッキングをしっかり行い、広告プロモーションの適正化を測ることは企業の広告担当者はもちろん、個人でもフリーランスでビジネスを行なっている方にとってはPDCA(PLAN・DO・CHECK・ACTION)を行うか行わないかで収益は大きく異なってきます。今回はその分析手法としてウェブ解析ツールの中でも最も有名なgoogle analyticsの使い方についてご説明したいと思います。

あー、Analyticsね、サイト分析するやつでしょ

GoogleAnalyticsの導入方法

最初に導入時についてご説明します。まず導入にあたってはgoogleのアカウントを開設することからスタートします。google analyticsのアカウントはgmailがあれば無料で開設が可能です。googleのアカウントの中のメニューの中を見るとgoogle analyticsのページがありますので、まずはそちらのページで新しいアカウントを開設しましょう。

開設はとても簡単でアカウント名、ウェブサイトの名前、URLなどを入力するだけでトラッキングコードが発行されますので発行されたコードを運営されているウェブサイトの全htmlページに貼り付ければOKです。ちなみに貼り付ける位置はhtmlの</head>の前に貼り付けます。まずはこれでユーザーのセッション率、滞在時間、直帰率など基本的なユーザーの動きが見えるようになります。

尚、ウェブサイトの分析においては今後google analytics以外にもリスティングやリマーケティングなどのGoogle広告施策やヒートマップといったサイト訪問者の動きを可視化するツールなども利用する機会も増えてくると思いますので、できればこれらのタグを一括できるタグマネージャーも導入しておくとよいでしょう。

Googleタグマネージャー

タグマネージャーを活用することで、タグごとに管理する煩わしさやサイトの表示速度などに影響を与えることを避けることができます。

このタグマネージャーもgoogle analytics同様にgoogleのアカウントがあれば無料で利用できます。こちらもgoogleのアカウントの中のメニューの中にgoogleタグマネージャーと言う項目があるのでそちらのページに移り、アカウント名、コンテナ名(様々なタグを収納する箱のようなもの)を入れれば簡単に作成できます。

発行されたIDは2つのコードからなり、これを一つはウェブサイトのHTML内の<head>内に、もう一つは<body>内に貼り付ければOKです。あとは一番最初に発行したgoogle analyticsのタグをgoogleタグマネージャーのワークスペース画面の「新しいタグを追加」からガイドに沿って入力・コードの貼り付けを行っていけば完了です。

GoogleAnalyticsの設定方法

次に設定についてご説明します。設定時に特に重要な設定項目を挙げていくと

  1. 目標設定
  2. google広告との連動
  3. クロスドメイントラッキング

の設定となります。

目標設定

まず①からご説明します。目標設定(CV=コンバージョン)は行っている事業によっても異なると思いますが、ウェブマガジンであればセッション数や滞在時間、一般消費財のECであれば購入率、不動産や自動車などの高額商品であればお問い合わせ・資料請求を1つの目安にすることもあるかもしれません。今回は一般的にECで設定されることの多い購入後のサンクスページでご説明します。

まず、目標画面から新しい目標をクリックし、テンプレートの選択で「注文」に設定。

目標の名前を注文と入力したあと到達ページのURLをコピー&ペーストすれば終了です。目標設定に関しては、以下のサイトがわかりやすいです。

Googleアナリティクスでサイトの目標設定をしよう【初心者向け!】

google広告との連動

次に②のgoogle広告との連動ですが、管理画面からAdwordsのリンク設定へと移り、google Adwordsのお客様IDにチェックを入れてAdwordsの名前を入力し、「すべてのウェブサイト」のデータのチェックボックスをオンにして「アカウントをクリック」というボタンを押せば完了です。

以下の記事がわかりやすいので見てみるといいでしょう。

Googleアドセンスとアナリティクスを連携する方法。収益分析などに。

また合わせて広告施策を行う際に大変有用なツールであるgoogle search consoleも合わせて設定しておきましょう。このgoogle search consoleはかつてはgoogle ウェブマスターツールと呼ばれ、検索クエリのクリック数やクリック率、平均掲載順位など広告予算を作成する上で指標となるデータを活用できます。

こちらは管理画面からプロパティ設定へと移り、「search console」を調整をクリックしたあと、「編集」をクリックしたら、search console画面でgoogle analyticsとリンクしたいサイトのURLをクリックすれば設定完了です。

クロスドメイントラッキング

そして最後に③のクロスドメイントラッキングですが、こちらは外部のASPサービスを利用した際に本来の流入元からの訪問者であっても追跡ができなくなってしまうため、パラメータを付与することでしっかり追跡を行っていくことのできる施策です。

アナリティクスのヘルプにクロスドメイントラッキングの設定方法が書いてありますね。

クロスドメイン トラッキングを設定する(analytics.js)

タグマネージャーのタグの設定画面にて「このタグでオーバーライドを有効にする」にチェックを入れ、「詳細設定」をクリックし「設定するフィールド」をクリック、フィールドを追加し、「フィールド名」に「allowLinker」、「値」に「true」を入力したら「クロスドメイントラッキング」をクリックし、「自動リンクドメイン」に相手先のドメインを入力し、トリガーで「All pages」を選択し、保存、公開すれば完了です。これで例えばどのポータルサイトから流入があったのか、最後までしっかり追跡することが可能になります。

リマーケティング

以上が導入から基本設定までの一連の流れとなりますが、応用編として前述した一度訪問したユーザーに対して、その後の検索行動中に再度広告を配信することで再訪を促し、コンバージョンにつなげるリマーケティングについてもご説明します。

こちらは新規訪問客より見込み度が高い顧客であるため広告コストが安く、コンバージョンにつながりやすいため、ぜひ押さえておきたい手法です。設定の仕方はとても簡単です。管理画面からユーザーリスト設定→ユーザーリスト画面に移り、まず「宛先」をクリックしたらリマーケティングを実施するgoogle analyticsのアカウントを選択します。

 

その後「有効にする」ボタンをクリックしたら、ユーザーリストで「新規作成」をクリック、あとは条件としたい年齢や性別、居住地などを設定します。その後ユーザーリストを保存し、Adwordsのアカウントを選択し「公開」をクリックしたら完了です。

認識しておきたいこと

リマーケティング広告施策を行う上できちんと認識しておきたいことは、そもそもサイトに訪れたことがある訪問者が何らかの理由でサイトから離脱したとしても、もともと興味を持ってサイトを訪れているわけですから、興味をなくした原因を検証して、それを改善した上で広告をターゲットに向けて配信し、再訪してもらえばコンバージョン率は確実に上がるということです。

注意しなければならない点としてはサイトの離脱者の離脱した理由をしっかり検証しないまま、闇雲に広告を配信しないようにすることです。無駄な広告費をかけたり、ブランドを毀損しないようにするためにもまず離脱者の行動の導線を確認し、どのページでどのくらいの時間で離脱したのかを確認し、離脱者の多いページデザイン・ユーザビリティー・商品の写真・コピーなどを再度見直し、改善できる点は改善していきます。

そして新たに配信するバナーのクリエイティブも作り直し、新鮮なイメージを与えることで再度興味を喚起させることで再訪につなげていきます。ウェブバナーの種類も数種類作成してA/Bテストを行って感度分析を行うことも重要です。

以上、今回はgoogle analyticsの使い方を基本から応用系までご説明いたしましたが、google analyticsを活用するかしないかで今後のマーケティング目標であるKPIだけでなく企業としての目標値であるKGIを達成できるかどうか大きく変わってきます。最初はわからないことも多いと思いますがトライアンドエラーを行うことでだんだんと仕組みがわかってきますのでますは実行してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事