paypayとは?使い方と支払い方法をわかりやすく紹介!

paypayとは、お店での支払いに利用できる決済アプリであり、スマホだけでお金を支払う事ができます。また送金機能もあり、友達などにスマホで送金する事もできます。対応している店舗の数が比較的多く、お得なキャンペーンも随時実施されている決済アプリです。

PayPayかあ、一時期キャンペーンすごかったな・・・

paypayとはどのようなアプリか

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

paypayはソフトバンクの関連会社が提供しているアプリであり、主に実店舗での支払いに利用できるのです。その支払い方法も2つあって、お店にあるQRコードをカメラで読み取るか、バーコードで支払う事もできます。どちらの方法で支払えるかは、お店によって異なります。
このアプリがあれば、わざわざ現金を持ち歩く必要もありません。スマホ1つでお金を支払える状態になるからです。また飲み会などで送金したい時にも、活用する事ができます。
paypayで支払いますと、たいてい現金よりもお得になります。残高に付与されるキャッシュバックがありますし、クレジットカードとの紐付けも可能だからです。

paypayで支払う為にカード情報などを登録する流れ

paypayで決済する具体的な流れですが、まずは口座情報などを登録する必要があります。登録方法は全部で3つあり、銀行口座クレジットカードヤフーマネーです。3つ目は、ヤフーが提供している独自の電子マネーになります。

どうやって登録するかというと、まずpaypayのアプリを立ち上げます。するとアプリの下部にホームや近くのお店などのボタンが表示されますが、一番右側のアカウントというボタンをタップします。画面が切り替わったら、お支払い管理というボタンをタップします。

すると銀行口座を追加やヤフーマネーなどの項目が表示されますから、自分が利用したい金融サービスをタップします。例えばpaypayにクレジットカード情報を登録したいなら、カードを追加というボタンをタップします。銀行口座と紐付けしたい時は、口座を追加というボタンをタップします。

前者のクレジットカードの方をタップすると、カード情報を入力するフォームが表示されるのです。そこにカード番号やセキュリティコードなどを入力し、追加するというボタンをタップすると、paypayにカード情報が登録されます。銀行口座も、同じような手順で登録します。

ちなみにpaypayは、電子マネーのように使用する事もできます。よくお店にて、カード型の電子マネーで支払っている来店客を見かけるでしょう。あの電子マネーで支払う為には、まずチャージしておく必要あります。それと同じで、paypayも事前チャージする事は可能なのです。
ただし事前チャージは必須ではありません。クレジットカードやヤフーマネーなどと紐付けしておけば、オートチャージされるからです。

PayPayでを使った支払い手順

PayPay

QRコードで支払う具体的な手順

上記の手順でカードや口座情報などを登録すると、paypayでお金を支払える状態になります。ではお店ではどうやってお金を支払うかというと、具体的な手順は下記の通りです。

paypayでお金を支払う方法は2通りあります。まずQRコード読み取りです。
お店によっては、レジの近くにQRコードを設置しています。そのモザイク状の画像をスマホカメラで読み取ると、自動的にお金が支払われるのです。

その方法ですが、まずpaypayアプリを立ち上げて、画面下側にある赤い色の「支払う」というボタンをタップします。すると画面にはバーコードが表示されますが、QRコードで支払いたいのであれば、画面の右下にあるスキャン支払いという箇所をタップします。スマホカメラが起動しますから、それで上述のモザイク状のQRコードを読み取るのです。
読み取りが完了したら、指定フォームに支払い額を入力します。そして支払いが完了したら、店員に支払い完了の画面を見せます。

バーコード読み取りで支払う方法

その他にも、バーコードで支払う方法もあります。コンビニの場合は、たいていバーコード方式を採用しています。
その具体的な手順ですが、まず上述の「支払う」ボタンをクリックし、バーコードを表示させます。バーコードは画面上部に表示されますが、その画像をタップすると拡大表示する事もできます。そしてお店にある読み取り用の機械で、そのバーコードを読み取ってもらう訳です。
バーコード読み取りが正常に完了すれば、支払い完了の画面が表示されます。

PayPayで送金する具体的な手順

そしてPayPayには、送金機能もあるのです。すぐ近くにいる知人に送金できるのですが、その方法は3つあります。電話番号かQRコードか専用URLで送金できます。
その具体的な方法ですが、まずアプリを立ち上げて「送る」という箇所をタップします。すると複数の項目が表示されますが、番号で検索という箇所に電話番号を入力します。さらに送金したい具体的な金額を入力すれば、その電話番号の相手にお金を送れる訳です。ちなみに必要に応じて、メモを残す事もできます。

それともう1つのQRコードで送金する方法は、上述のQRコード支払いと言っています。トップ画面で「送る」ボタンをタップして、次の画面で「コードを読み取る」という箇所をタップします。そして相手にQRコードを表示してもらい、送金額を入力すればお金を送れます。

そしてURLで送金する為には、まず「送る」ボタンをタップし、次の画面では「リンクを作成」という箇所をタップします。さらに送金する具体的な金額を入力すると、画面にURLが表示されるのです。そのURLを、メールなどで相手に送信すれば送金完了です。

PayPayの主なデメリット

このようにPayPayには2つの機能がありますが、このアプリにはメリットもあればデメリットもあるのです。

まずデメリットですが、クレジットカードは本人認証の手続きが必要です。その認証手続きを済ませておかないと、カードで支払える金額は5,000円以内になってしまいますから、注意が必要です。

またPayPayは、2つ以上の支払方法を併用する事はできません。例えばクレジットカードとヤフーマネーという2つの支払い方法を、同時利用する事はできないのです。あくまでも、どちらか片方の方法で支払う事になります。

PayPayの主なメリットとは

上記のようなデメリットはあるものの、PayPayには様々なメリットもあります。一番大きなメリットは、お得なキャンペーンです。

PayPayでは、随時キャンペーンを実施しています。キャンペーン期間中にPayPayでお金を支払えば、キャッシュバックされるのです。折しも現時点でもキャンペーンが実施されていて、最大20%キャッシュバックされます。現金で支払うよりも、遥かにお得になるのです。

それとクレジットカードを登録しておけば、二重取りの状態にする事もできます。PayPayには、独自ボーナスがあります。カードで支払った時には、その独自ボーナスだけでなく、カードの還元ポイントも別途加算されるのです。

それとPayPayは対応しているお店が多いです。そもそもスマホ決済のアプリは、PayPayだけではありません。他社も決済アプリを提供していますが、PayPayは対応しているお店が幅広いです。色々なお店での支払いに活用できるのも、PayPayのメリットの1つです。

もちろん、現金の持ち歩きが不要になるメリットもあります。あまり現金を持ち歩きたくないという声も多いですが、PayPayをインストール済みのスマホがあれば、スマホ1つでお金を支払えるようになります。面倒な小銭のやり取りも不要ですし、とても便利です。

また飲み会などの割り勘に活用する事もできます。割り勘するとなると、飲み代を平等に支払うケースが多いですが、その際はPayPayで送金すると良いでしょう。小銭のやり取りも必要ありませんし、とても便利です。

なるほど、PayPay結構便利そうだな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事