インフルエンサーマーケティングとは?費用や効果はいかほど??

テレビやネットでインフルエンサーマーケティングと言う言葉を聞いた事はあるけれど、実際にはどんなシステムで、誰がどんな風に利用しているかなどを、ご存知無い方が多いと思います。また、何となくは理解しているけれど、人に説明して欲しいと言われた時に、上手く説明が出来ないと言うこともあると思います。

今回は、昨今何かと話題になっている、インフルエンサーマーケティングについてです。

インフルエンサーマーケティングとは

まず、インフルエンサーマーケティングというのは、企業側が消費者に対して、メッセージを発信する従来型のマーケティングよりも、より効果的に商品やブランドメーカーに対する認識や購買意欲の向上を実現できることが出来る手段として、大変に注目されているマーケティング方法なのです。

どんなマーケティング手法?

具体的にそんなマーケティング手段をとっているかと言うと、インフルエンサーに企業が提案した商品やそのコンテツを実際に利用をしてもらい、その方法などをSNS上で宣伝するのが、一番王道なやり方です。インフルエンサーがSNS上に投稿したものが、多くのユーザーの目に触れて、どんどんと拡散されていく事が一番の狙いなのです。

例えば、10代や20代に絶対的なカリスマ読者モデルの方や、30代や40代の子育て主婦世代に人気のママタレントなどを選んで、インフルエンサーとして指名することで、特定のコミュニティから、様々な分野のコミュティに拡散をされていく事が狙いです。
そうする事によって、企業側がより効率的にターゲットを絞りやすく、狙いやすくなっていくのです。

フォロワーを多く抱えている一般の人に対しても

また、近年は誰しもが知る有名人や人気が高い読者モデルだけはなくて、一般人でも多くのフォロワーさんをかかえている人や、毎日のようにSNS投稿で生活などに有利な情報を伝えているブロガーさんなどをあえて、インフルエンサーとして指名して、商品の説明や食べてみての口コミ等を伝えてもらうという手法が増えてきています。

今やインフルエンサーに選ばれるのは、選ばれし人間だけではないということですね。SNSを上手に活用できてて、一定のフォロワーさんを抱えている人ならば誰しも、インフルエンサーとして活躍ができる時代だといっても過言ではありません。

インフルエンサーマーケティングを行っている会社とは

インフルエンサーマーケティングを行っている会社として有名なのは、まずは東京ディズニーランドです。東京ディズニーランドはインフルエンサーを利用しなくても、誰しもが知るファミリーで行きたい場所やデートで行きたい場所の上位にランクインしている場所ですが、近年は某有名タレントさんや読者モデルさんをインフルエンサーとして採用して、より、多くの人に認知してもらう事が成功しています。

東京ディズニーランドへ行く予定は無かったけれど、インフルエンサーに指名されたタレントさんの投稿などを見て、同じ場所で写真を取りたい、SNS上に画像をアップしたいと思って、でかけられた方も少ないないと思います。

findmodel

また近年、インフルエンサーマーケティング支援サービスを行っているのが、株式会社findmodelです。インスタラボの運営も手がけていて、日々、目まぐるしく変化していく流行やトレンドに業界ノウハウをキャッチし続けているのが特徴です。また、PR案件によってはfindmodelに登録をしているインフルエンサーに公募などをかけている事ある企業です。

3ミニッツ

次に株式会社3ミニッツも本業はファションの動画マガジンですが、一部、インフルエンサマーケティングの支援を行っている会社です。

UUUM

次に株式会社ウームです。UUUM(ウーム)はUUUM株式会社が運営をしているインフルエンサーのマーケティングサービスです。ユーチューブ動画配信を活用している、マーケティングサービスを提供している事でも有名で、今や芸能人並に知名度が高くなったヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名ユーチューバーを筆頭として、多くの人気インフルエンサーが所属していることでも有名な企業です。

こちらの企業のやり方は動画を使い、品物をPRしていくと言う王道の手法をとっている企業です。その他、様々な有名企業がインフルエンサーを運営していてり、支援や一部、その部門を設けている企業は多数存在しています。ネット検索で、「インフルエンサー 企業」と検索をかけただけで、無数の企業がヒットをします。それくらい、昨今はインフルエンザーを使って、商品を宣伝している企業が多いと言えるでしょう。

インフルエンサーの求人や費用について

インフルエンサーの求人は、企業側の一般公募もありますが、現状では企業側から有名人や読者モデル、タレントさんや一般人の人気ブロガーさんなどに声をかけてインフルエンサーとしてPR案件を受けてくれないかと言う誘いのもと、行われるのが一般的なところです。

しかし、企業側のPRした商品によっては、有名人やタレントさんばかりではなく、フォロワー数はさほそではないけれど、安定してSNSを更新している方や、常連のフォロワーさんがついているブロガーさんに依頼などをする事もあるようです。また、今後、インフルエンサーとして活動をしたいと自ら企業側へアプローチをする人もいるようです。

インフルエンサーの費用については、報酬と言う事になりますが、その事の関しては、実際は公にされていない面が多いです。インフルエンサーとして商品をPRしている人の知名度やフォロワー数でももちろん違いますし、最初に取り決めをしていると思うので、インフルエンサーをする人によって、報酬は違ういうのが本当のところです。

インフルエンサーを始めた当初は、報酬が少なかった人が、ひとたびインフルエンサーとして活躍をしだすと、報酬も上がってくると言われています。また、完全にインフルエンサーのSNS等を通じて、商品が売れたことが分りシステムにしている場合は、商品一つ売れると、いくらと言う取り決めがさている事もあるようです。

インフルエンサーの効果について

インフルエンサーを使って商品のPRをする事で、簡単に言えば、企業側からしたら、より早く安く商品のPRをする事ができるので、広告費の削減、世の中に商品を認知してもらいやすく、その商品をPRしたい年齢層などに認知してもらえることから、効果は絶大だと言われています。

また、インフルエンサーを使ってPRした商品は売り切れが続出したり、その商品のターゲット層の間では、急速にその商品の話題が出る様になったりと、圧倒的な効果があると言えます。

企業側からしてみら、多額な金額がかかるテレビCMなどを使って、商品をPRするよりも、特定のインフルエンサーを指名して、商品をPRすることで、手間も軽費もかからないので、もってこないのやり方だと言えるのです。まさに、インターネットが世の中に普及してからこそ、できるPR戦略と言えるでしょう。

10年前にインフルエンサーを言う名前を知っている人は少なかったと思いますが、一気にニュースや新聞などでも、その名前が取り上げられている事もあり、より多くの世代からインフルエンサーと言う前も認識されだしました。今後は益々インフルエンサーを使っての商品PRが増えてくる事は間違えないないと言っても過言ではないでしょう。

おすすめの記事