Google Payの使う際に抑えておくべきメリットとデメリット

スマートフォンが普及した事で、現在ではレジでスマホをかざすだけで支払いを済ませる事が可能な決済方法が色々と登場しています。Google Payもそんな風にスマホを利用して行える決済方法の1つとして、利用者が増加中です。そんなGoogle Payですが名前が示す通りGoogle社が提供しているサービスであり、元々はAndroid Payとして2016年12月13日にスタートしたのが始まりでした。2018年2月21日からサービス名が、Google Payに変更になったのです。

Google Payか、やっぱり便利なんだろうか・・・

Google Payを始めるには

Google Payはスマートフォンを使用した電子決済となっています。そのため使用するためには、Google Payのアプリが利用可能なスマホを用意しなければなりません。しかもGoogle社が提供しているサービスであるため、Androidのスマートフォンで更に日本だとおサイフケータイに対応している端末をまずは用意する必要があるのです。

加えて支払いを行うための、クレジットカードも必要となるためカードも用意しなければならなかったりします。ただし日本では所有者が多いiPhoneはOSがAndroidではないため、Google Payは利用出来ません。そのためApple社が提供する、Apple Pay等を利用する必要があるので注意が必要です。

Googl Payの使い方の手順

Google Payに利用可能な端末とクレジットカードを用意出来たら、端末からGoogle playにアクセスしてGoogle Payのアプリをダウンロードする必要があります。Google Payと検索すると直ぐに出て来るので、探し出す事自体は特に難しくはないです。

Google Pay - これからのお財布

Google Pay - これからのお財布
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

見付け出したらそのアプリを、端末にインストールします。

支払い方法の設定

ソフトをインストールしたら、支払い方法の設定を行う事になるのです。もっともGoogle Payはそれ自体で支払いを行う訳ではなく、登録したカードを利用して決済を行う事になります。しかも基本的に電子マネーシステムにチャージして使う事になるので、利用する電子マネーサービスを選ぶ必要があるのです。

利用出来る電子マネーサービスとしては、Suicaや楽天Edy、nanacoにWAON、QUICPayの5種類であり、その中から選んで登録する事になります。

アカウント作成

その中から自分にとって使い勝手が良いと思えるサービスを選んだら、次にアカウントの作成を行う事になるのです。作成方法は選んだ決済サービスにより違いはありますが、基本的に説明通りに順番を追って必要事項を入力するだけだったりします。そうして次に利用するクレジットカードやデビッドカードを登録すれば、後はチャージする事です。基本的にチャージしておかないと、支払いに使用出来ないのでこの点には注意する必要があります。

クレジットカードが登録出来ないケースでは

インターネット上では時々、クレジットカードが登録出来ずに困っている人を見掛ける事があります。その際はまず通信障害を疑って、時間を置いてから再度登録を試みるべきです。ただし時間を置いて再び登録しても失敗する場合には、何らかの対処が必要となるケースがあったりします。

まずは端末がきちんと、おサイフケータイに対応しているかどうかを確認すべきです。特に海外で販売されている格安のスマホの場合は、nfc type a/bに対応している物が多かったりします。おサイフケータイはnfc type fなので、nfc type a/bの場合は日本でGoogle Payを利用する事は出来ません。

もっともおサイフケータイに対応していても、アプリのバージョンが古い場合には上手く登録出来ないケースもあるのです。なので最新バージョンにしてみれば、登録が可能になる可能性もあったりします。他にもクレジットカードがうっかり期限切れしていたり、利用限度額に達している場合にも登録は行えなかったりするので注意すべきです。

Google Payを利用するメリットとは

キャッシュレスな支払いができること

Google Payを利用するメリットして大きいのはやはり、キャッシュレスにする事が可能な点だったりします。登録している電子マネーやクレジットカードでの支払いが可能なお店であれば、どこでも利用出来るのでこれまでの様に現金やカードをいちいち持ち歩く必要性がないです。

しかもレジ前で小銭を探したり、店員がお釣りを渡して来るといった手間も省く事が出来ます。スマホをかざすだけで支払いが終了するので、レジ前でスムーズに会計を済ませる事が可能です。

地味ですが朝の急いでいる時間帯等に利用すれば、キャッシュレスの便利さは大いに実感出来ます。

複数の電子マネーで決済可能

他にも複数の電子マネーの管理を楽に行う事が出来る点も、Google Payのメリットです。Google Payは複数の電子マネーサービスを登録出来るので、しっかりと管理する事が出来ます。例えば楽天Edyの残高が少ないと思ったらチャージしたり、或いは残高が多いSuicaの方で支払いを済ませるといった事も可能です。

獲得したポイント数も分かるので、ポイントを増やしたいサービスを選んで利用するといった方法も行う事が出来ます。他にもGoogle Pay対応サイトであれば、手軽に支払いを済ませる事が可能です。そういったサイトでは、Google Payに登録された支払い情報が利用出来るので、いちいち連絡先やクレジット番号といった情報を入力せずに素早く支払いを実行する事が出来ます。

モバイルSuica利用ならちょっとお得かも

更にモバイルSuicaを利用する際には、通常であれば1030円の年会費を支払う必要があるのです。所がGoogle PayによるSuicaの利用であれば、年会費を支払う必要がなかったりします。もっとも有料のモバイルSuicaよりも利用出来るサービスは少なくなりますが、電車に乗ったりコンビニでの支払いといった日常使いは問題なく出来るのでお得にSuicaが利用可能です。

Google Payのデメリットとは

利用可能な端末が限られている

Google Payは便利に利用出来る一方で、少し注意すべきデメリットも存在します。まず言えるのが、利用可能な端末が限られてしまう事です。まずGoogle Payを利用する場合の大前提としては、AndroidOSのスマホを用意する事だったりします。前記した様に日本で所有者が多い、iPhoneでは利用出来ないのでその点は注意が必要です。

おサイフケータイに対応していなければならない

しかもAndroid端末でも、おサイフケータイに対応に対応していなければ利用出来ません。国内メーカーの製品はともかく、海外メーカーの端末の中にはAndroidでもおサイフケータイに対応していない端末は少なくないです。なので利用可能な端末が、意外に限られてしまう点はデメリットと言えます。

スマホを落としたら他人に使われる恐れが・・・

Google Payは支払い時にかざすだけで、素早く支払いを終了させる事が可能です。この点はメリットであると同時に、デメリットとなる要素も含んでいます。というのも万が一スマホを落としてしまった場合には、拾った人に簡単に使われてしまう恐れがあるからです。

だからこそスマホの紛失に気付いた際には、スマホをロックするといった対処を出来るだけ素早く行う必要があります。もっともGoogle Payはデメリットも存在しますが、基本的にはメリットの方が大きな決済方法です。だからこそデメリットが生じない様に日頃から、注意する事で便利に使いこなす事が出来ます。

やっぱりメリットがあれば、デメリットもあるよね。
Webサービスの関連記事
  • paypayとは?使い方と支払い方法をわかりやすく紹介!
  • Youtubeで映画を無料・レンタル・購入して見る方法
  • TikTokの可愛い歌・曲・人を投稿を分析してみた
  • Google Payの使う際に抑えておくべきメリットとデメリット
  • Vtuberのメリット・デメリットと成るために必要な機器とスキルとは?
  • レンタルサービスって何をレンタルすることができるの??
おすすめの記事