スマホを充電しながら使用すると発生するデメリットと原因とは!?

スマホの充電が切れかかっていると、つい充電しながら使ってしまいますよね。だけでスマホを充電しながらの使用は主に2つのデメリットがあったりする。CPUやGPUなどの処理速度の低下、バッテリーの寿命が短くなってしまう事です。つい充電しながら使用してしまう方も多いですが、スマホの性能をフルに発揮させてバッテリーを長持ちさせることの妨げになってしまいます。
今回はこの、デメリットについて詳しく解説していきます。

充電しながら使うこと結構あるよなあ・・・

バッテリーの寿命への悪影響

スマホに使用されているバッテリーはリチウムイオン電池というもので、様々な機械やデバイスに使用されてます。しかし、充電しながらの使用には弱く、寿命を縮めてしまう大きな原因になります。リチウムイオン電池の特性を知って、バッテリーを長持ちさせていきましょう。

リチウムイオン電池

様々な種類があるリチウムイオン電池ですが、スマホのバッテリーとしてよく使われているものは「リチウムイオンポリマー二次電池」と呼ばれるものです。リチウムイオン電池の中でも比較的安全性の高いタイプのもので、電解質が準固体であるため液漏れの心配がないのが大きな特徴です。

今までの充電式の電池よりも「継ぎ足し充電」に強いタイプになっているので、充電に対しても神経質にならずに済むようになりました。また、リチウムイオン電池は全般的に小型でも大きな電圧を出すことができるので、高性能で小型なスマホを動かすのには適したバッテリーです。

一見すると万能なバッテリーのようですが、熱にとても弱いという特性を持っています。

寿命が短くなる理由

充電しながらスマホを使用するとCPUやGPU、バッテリーが発熱します。スマホを使用していて熱いと感じるときは、スマホの内部は高温になっているんです。特に充電をしながらスマホに高負荷をかけるようなゲームアプリや、動画アプリなどの使用は高温になることが多いので注意が必要です。

発熱している状態で長時間使用することを繰り返していると、電池内部の劣化を促進させてしまいます。劣化が進むと、電池の減りが速くなったり、バッテリーが膨らんでしまうという事態が起こります。

熱に弱いバッテリーのため、高音での使用や充電しながらの使用を続けるとバッテリーの寿命を短くしてしまうので気をつけてください。

スマホは充電しながら使うと処理速度が低下する?

スマホを充電しながらの使用することにより、CPUやGPUの処理速度が低下することもあります。充電しながらの使用している際に、動画やゲームのカクつきや処理落ち、再起動などを経験したことのある方は多いのではないでしょうか?
ここでは、処理速度等が低下する原因を解説します。

スマホのシステムが処理速度を低下させる

スマホを充電をしながら使用することで、さらに発熱します。この時に、発熱を抑えるためにセーフティ機能が自動で作動するようになっています。セーフティ機能は、バッテリーへの給電をストップさせたり、自動的に処理速度を落とすという機能です。
これにより、スマホがこれ以上高温にならないようになっています。処理速度をスマホ自体が落としているので、普段使っている時にはないカクつきや処理落ちが起こるようになります。

熱暴走

フリーズしたり、勝手に再起動してしまう原因として熱暴走があげられます。発熱によりCPUが停止してしまい、画面を触っても動かないなどの症状がでます。この症状が起こるときは、かなりスマホの内部が高温になっているので、一度外気などで冷やしてあげるなどの対策が必要です。

基本的に、基盤などは熱に強い部品が多いです。しかし、小型化により熱に弱いパーツなどに悪影響が出る可能性があるため、特に発熱しやすい充電しながらのスマホの使用はやめておいた方がいいでしょう。

何故高温になってしまうのか

スマホにはデスクトップパソコンのように冷却ファンが付いていません。元々密閉性が高い上に、防水機能などがあれば更に熱がこもってしまいます。スマホの外側から熱を逃がすという方法しかないため高温になりやすくなっています。分厚いカバーなどでは、更に熱を逃がすことが難しくなるので注意しましょう。

また、スマホは日々進化していて、CPUなども高性能化しています。サイズも小型化していて、性能はとても向上しているのですが、発熱しやすいというデメリットも残っています。

熱への対策

スマホを充電品がらの使用は、内部が高温になりやすくバッテリーの寿命を縮めたり、処理速度が落ちるというデメリットがあります。

また、夏場などもスマホ内部が高温になりやすく、悪影響がでやすくなっています。実際に熱を持った場合はどのように対処したらいいのでしょう?ここでは、スマホ内部が高温になった場合の対処法を紹介します。

仕様を中断し外気などで冷やす

スマホ内部が高温になってしまった時は、外気などの自然な方法で本体の熱を逃がしましょう。暖房器具の近くや直射日光の当たる場所を避け、触らずに置いておくと良いです。しばらくたっても温度が下がらない場合は一度電源をオフにして置いておくこともオススメです。再び充電する際は、時間を置き発熱が終わってから再開するようにしましょう。

アプリを終了させる

使っているアプリやバックグラウンドで動いているアプリを終了させることで、CPUへの負荷を減らすことができます。
アプリを終了させ負荷を減らすことで、CPUやGPUなどがこれ以上発熱することを防ぐことができます。
普段から多くのアプリを起動させている方は、一度再起動をかけてみるという手も有効です。

発熱時のNG対策

発熱時には急速に冷やすという行為は避けたほうがいいです。特に、冷たいものをあてて冷やしたり、冷蔵庫などに入れ冷やすことは絶対にやめましょう。スマホ内部に結露ができることがあり、故障の原因になってしまいます。防水端末でも同じく、水につけて冷やすという事は結露ができる原因になるので気をつけてください。

熱対策でのオススメグッズ

仕事や生活の中で、どうしても充電しながら使用する機会や、外で使用する機会が多いという方もいらっしゃると思います。
最近では、スマホ用の発熱対策グッズも登場しているので紹介します。多少不格好になってしまうので、見た目を気にする方にはあまり向かないものが多いです。

スマホ用常温の保冷剤

普通の保冷剤を使い急激に冷却すると結露の原因となってしまいます。そこで登場したのが、常温の保冷剤です。絶大な効果があるという訳ではありませんが、発熱に対してはある程度の効果を発揮します。ゆるやかに熱を吸収し、スマホ本体の温度を下げるので結露の心配がないグッズです。

スマホ用冷却ファン

スマホ用の冷却ファンも発売されています。サイズが大きいものが多いため、スタンドとして使用できるものが多いのが特徴です。ファンにより安全に冷却することができますが、スマホと冷却を合わせると重量やサイズが大きくなってしまうので、手が小さい方の使用や外での使用には不向きとも言えます。
しかし、長時間ゲームをされるという方には便利なグッズなので試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

充電しながら使用することにより、スマホは高温になってしまいます。そして、高音になってしまうとバッテリーの寿命が短くなったり、処理速度が落ちるなどの影響が出てしまいます。誰もがやってしまう使用法ですが、スマホ本体への負荷が大きい使用法だと認識しておくことが大切です。

無理な使用をやめ、少しだけ負荷や温度に意識を向けるだけでもスマホやバッテリーを長持ちさせることができます。一度ご自身のスマホの使い方を見直し、スマホを労ってあげてはいかがでしょうか?

充電しながら使うのあかんやん・・・

 

おすすめの記事