スマホでできるQR・バーコード決済とは?メリットと使い方を紹介

お店によっては、スマホで支払う事もできるので、支払いは毎回スマホでタッチするだけ!という人もいるのではないでしょうか。お店に備え付けられてある電子機器を使って、バーコードを読み取って支払う事も可能なのはなかなか便利ですよね。

今回の記事では、スマホで行うことのできるバーコード決済についての紹介です。

バーコード決済アプリにはどのような機能があるか

スマホのバーコード決済を利用するためには、まず所定のアプリをインストールする必要があります。楽天ペイOrigami Payなど色々あるのですが、まずそのアプリをインストールしておきます。そのバーコード決済のアプリには、様々な機能が実装されているのです。例えばバーコード決済が可能なお店を検索できる機能です。

決済可能なお店のみ可能

そもそもバーコード決済は、「全て」のお店が採用している訳ではありません。中には、支払方法を全て現金にしているお店もあるのです。ですからバーコード決済で支払いたいのであれば、まず決済可能なお店を探す必要があります。

アプリでそのお店を探せる訳ですが、基本的には位置情報の機能を使用します。スマホの位置情報の機能をオンにして、すぐ近くのお店を探せる状態にするのです。するとアプリの画面上に地図が表示されて、バーコード決済が可能なお店を調べる事ができます。

支払い方法を登録できる

バーコード決済のアプリでは、支払方法を登録できるのです。そもそもバーコード決済の支払方法にも、複数の種類があります。銀行口座やデビットカードやクレジットカードなど複数ありますが、自分の希望する支払方法を選んで、口座情報を登録する事もできます。

それとバーコード表示と読み取りの機能があるのです。詳細は後述しますが、アプリにバーコードを表示させる事もできますし、お店のQRコードを読み取れる機能もあるのです。

支払方法を登録する

具体的にどうやってアプリで支払うかというと、まず支払方法の登録です。例えばOrigami Payというアプリは、銀行口座もしくはカードと紐づけることができます。そのアプリのウォレットという箇所をタップしますと、銀行口座とクレジットカードという2つのボタンが表示されるのです。

もしもカードと紐付けたい時はカードのボタンをタップします。銀行口座なら、口座を登録するというボタンをタップします。タップすると入力フォームが表示されますから、カードもしくは銀行の具体的な情報を入力します。入力が一通り完了したら、所定のボタンをタップすれば登録完了です。

バーコード読み取りで支払う方法

登録が完了したら、今度お店での買い物です。もちろんお店のレジに品物を持っていく訳ですが、その際に「バーコードを読み取ってもらう」方法で支払いたい時には、まずアプリを立ち上げてバーコードを表示させるのです。

上述のOrigami Payというアプリの場合は、コード支払いという箇所をタップすると、バーコードが表示されます。ところでお店には、そのバーコードを読み取るための電子機器があるのです。所定のセンサーでバーコードを読み取ると、自動的に支払いが完了するのです。

つまりお店にバーコードを読み取ってもらう為には、店員にスマホのアプリ画面を見せる必要があります。バーコード読み取りが正常に完了すれば、支払い完了です。

QRコード読み取りで支払う方法も

それとお店にあるQRコードを使用して決済する方法もあります。その具体的な方法ですが、まずはお店にQRコードを見せてもらいます。そしてスマホの決済用アプリを立ち上げて、カメラで読み取れる状態にするのです。

上述のOrigami Payというアプリの場合、スキャン支払いという箇所をタップします。すると自動的にカメラが起動して、自動的にQRコードを読み取ってくれるのです。読み取りが完了すると、お店に対する支払いも完了します。

上述のように2つの方法があるのですが、たいていのお店はバーコード読み取り型のシステムを採用しています。QRコードを採用していないお店は、案外多いです。

バーコード決済のメリット

では上述のバーコード決済にはどのようなメリットがあるかと言うと、例えば財布の膨らみです。人によっては財布の中に多くのカードが収納されていて、やや膨らんでいることがあります。それが煩わしいと感じている方も多いですが、上述のバーコードで決済をすれば、わざわざ財布の中にカードを収納しておく必要もありません。

小銭のやりとりが不要になる

それともう1つのメリットは、小銭のやり取りが不要になる点です。最近では、電子マネーで決済する方々をよく見かけるようになりました。お店にあるカード読み取りのセンサーにタッチすると、電子音が鳴るのです。その方法であれば、わざわざ小銭を出し入れする必要もないでしょう。小銭のやり取りで多くの時間を取られる事もありませんから、お店としても業務効率が良くなるメリットがあります。

バーコード決済であればポイントが付与される

そして最大のメリットは、バーコード決済なら割引される点です。ポイントを受け取れるメリットもあります。このメリットは、意外と軽視できません。
例えば上述のOrigami Payという方法で支払いますと、指定のパーセンテージで割引されるようになっています。基本的には2%になりますから、お店で1,000円分の買い物をすれば20円引きになるのです。

ちなみに楽天ペイも、割引されます。楽天の場合はポイントを受け取る形になりますが、実質的には割引されたのと同じになるのです。

しかし現金でお金を支払った時は、割引されない事が多いです。カード型の電子マネーの場合は割引される事もありますが、それもカード次第です。割引されない電子マネーも沢山あります。ですから節約に関心があるなら、バーコード決済で支払う方が良いでしょう。

決済方法は銀行口座とカードのどちらが良いか

ところで上記でも少々触れた通り、バーコード決済のアプリに登録する支払方法は、選ぶ事ができます。カードでも銀行口座でも良いのです。
では、その2つのどちらがおすすめかと言うと、還元ポイントを受け取りたいならカードの方が良いでしょう。そもそもクレジットカードには、ほぼ確実に還元ポイントがあります。0.5%や1%など色々な還元率はありますが、現金として受け取れるカードも沢山あるのです。

還元ポイントは、カードで決済した時に発生する仕組みになっています。例えばお店にクレジットカードを提示すれば、カード会社指定のポイントを受け取れるのです。還元率1%のカードで700円の買い物をしますと、7円分のポイントを受け取れます。
それはバーコード決済も同様です。例えば上述のOrigami Payというアプリにクレジットカードを登録した状態で、牛丼屋などで決済したとします。その場合、まずクレジットカード会社からOrigami Payのアプリにお金が移動します。そのお金が、牛丼屋に支払われるのです。2段階で、お金が支払われる形になります。

という事は、明らかにクレジットカードの方がお得なのです。牛丼屋で500円分の食事をした場合、還元率1%のカードであれば、カード会社から1%のポイントを受け取れます。さらにOrigami Payで2%割引されるので、実質的にはポイントが二重取りのような状態になるのです。現金と比べると、3%お得になります。
このようにカードは二重取りできますが、銀行口座には二重取りはありません。

まとめ

上記のようにスマホによるバーコード決済には、実に色々なメリットがあります。財布がスリムになる上に、二重取りになるメリットは大きいです。お得に買い物したい時などは、バーコード決済の導入を前向きに検討してみると良いでしょう。

Origami スマホ決済アプリ

Origami スマホ決済アプリ
開発元:Origami Inc.
無料
posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事