Vtuberのメリット・デメリットと成るために必要な機器とスキルとは?

Youtuberという新しいメディアがすっかり定着した昨今。同じくYoutubeを舞台に最近、流行している新ジャンルにVtuber(ブイチューバー)があります。Vtuberとは、ご存知の通りバーチャルユーチューバーのことです。

バーチャルユーチューバーは、出演者のかわりにCGキャラクターを登場させて話したり動いたりしてコンテンツ配信をする形態を指し、現在では数多くの魅力的なチャンネルが乱立する時代へと突入しています。今回の記事では、そんなVtuberの概要からコンテンツ作成の仕組み、一連のながれについて簡単に解説していきます。

VTuberか、今や当たり前の存在になっているな・・・

Vtuber(バーチャルユーチューバー)の概要と代表的存在

Vtuber(バーチャルユーチューバー)は、生身の人間を出演者とするYoutuberと違って、CGキャラクターを出演者とする形態のコンテンツ配信者のことを言います。現在、最も有名なのは、キズナアイでしょう。2016年11月に登場した世界初の本格的Vtuberであり、チャンネル登録者数は200万人以上、総視聴回数は1億回をゆうに超えています。

当初はYoutubeへの動画投稿に始まり、スマートフォンゲームやテレビ番組、アニメ声優など多方メディアへ活躍の場を広げていっています。

そのほか有名なVtuberでは、輝夜月ミライアカリ電脳少女シロ猫宮ひなたのじゃロリおじさん月ノ美兎、一大企業系の公式Vtuberとしては燦鳥ノム(さんとりノム)、都道府県に採用されたVtuberでは茨ひよりなどが人気です。

このうち運営元が判明しているのは、ミライアカリ(株式会社DUO)、電脳少女シロ(株式会社APP LAND)、のじゃロリおじさん(個人)くらいで多くは運営元を公開していないことが多いです。ひと昔前のアニメ声優のように、中の人を明かさないことで視聴者の夢を守るという考え方もあるのでしょう。

Vtuber(バーチャルユーチューバー)のメリット・デメリット

Vtuberは、CGキャラクターをメインキャラクターに据えたコンテンツ配信を中心とした販売促進活動(マーケティングビジネス)と言えます。

そのメリットには、

  • CGであるため労働上の制約がない
  • 歳を取らない/結婚しない(あらゆる年代の永遠のアイドルとなりうる)
  • 若者を中心に顧客への訴求力が強い

などがあげられます。

反面、デメリットとしては、

  • 本格的な運営には高いスキルが要求される
  • 個人での運営が難しい

などがあります。

ひとつずつみていきましょう。
まず、メリットとして労働上の制約がないことがあげられるでしょう。生身の人間ではなくCGキャラクターですので、イメージづくりを度外視しても良いのであれば、企画によってさまざまな扱いを自由に行うことができます。
話し方や振る舞いなどの性格づけから髪型や服装といったルックスの変化など多種多様にカスタマイズして使用することができます。

さらに、当然ですがCGキャラクターであるため歳は取りません男女キャラクターともに結婚するということもないので、生まれては年老いていくあらゆる生身の人間にとっての永遠のアイドルとなりえます。

もちろん、30代、40代となれば現実的な生活に落ち着く人も大勢いるでしょう。しかしながら、その次に生まれ来る世代(10代~20代)が見てファンになるという1キャラクターを多世代に向けて使いつづけられるメリットがあります。
特にCGへの抵抗感が少ないデジタルネイティブな若い世代に対する訴求力が高く、アニメやスマートフォンゲーム、各種商品の販売促進活動に用いられています。

デメリットとしては、本格的に運営する場合、CGキャラクターの製作、アニメーションづけ、声優業、BGM製作(楽曲系配信なら作詞作曲スキルも)、動画内容の企画能力といったあらゆる分野での高いクリエイティブスキルが要求されます。
企業とのタイアップともなれば、交渉能力や事務処理能力などコンテンツ制作以外のスキルと時間も要求されることでしょう。
個人での運営が不可能なわけではありませんが、非常に高いハードルがあるといえます。

とはいえ、現実世界と違ってCGを駆使して思い通りの自分を演出できる楽しみがVtuberにはあります。
次章以降では、Vtuberとなるにはどのようなものが必要になるかご紹介していきます。

Vtuber(バーチャルユーチューバー)になるために必要なもの

ここでは、3DCGキャラクターモデルを出演者とするVtuberコンテンツを製作するにあたって必要になるアイテムを紹介いたします。

  • パソコン(CPU:Core i 7 / メモリ16GB以上が望ましい)
  • Blender(3Dモデルデータの作成)
  • モーションキャプチャーツール(身体の動きを収録)
  • Webカメラ(フェイスモーションキャプチャー:表情の動きを収録)
  • ボイスソフト
  • Unity(3Dモデルデータにアニメーションを適用させる)

パソコン

Vtuberとしてコンテンツを配信するには、パソコンやスマートフォンを使うことになります。スマートフォンでも各種のツールを使えば可能ですが、パソコンで作成する場合と比較するとカスタマイズ性に劣ります。後々に本格的にVtuberとして本気で活動していきたいという場合には高性能なパソコンが必要になりますが、はじめのうちはお持ちのパソコンで取り組んでみましょう。

CGモデル作成ソフト

あなたのかわりとなってくれるCGモデルを作成するために必要となります。無料かつ高性能なソフトとしては、Blender(ブレンダー)があります。商用ソフトでメジャーなMaya、3dsMaxなどのような統合型3DCG製作ソフトとなっており、3DCGのモデリングからテクスチャリング(着色)、ボーン&リギング(骨組み付け)、アニメーションつけやゲームエンジンまで搭載された無料とは思えないフリーソフトです。
日本語での教本も出版されており、Youtube上でもチュートリアルを探すことができます。

モーションキャプチャー用ツール

Vtuberが、まるで本物の人間かのように動く仕組みには、モーションキャプチャーツールが使用されています。高額なものでは20~30万円ほどするツールセットが販売されています。高性能かつ信頼性の高い商品としては、HTC ViveやPerception Neuronが有名です。

Blenderなどソフトでゼロからモーションをくみ上げるのではなく、これらを装着してリアルな自身の動きをキャプチャして3DCGモデルのアニメーションとしてリンクさせます。

フェイスキャプチャ用ツール(WebカメラとFaceRig)

モーションキャプチャだけでは、体の動きをトレースできても表情まではキャッチできません。たとえばPerception Neuronを使用する場合、Webカメラから撮影した映像をFaceRig(フェイスリグ)というソフトと連動できます。FaceRigは、Webカメラから撮影した人間の表情を3DCGモデルデータに反映させるために用いられています。これによって、自作した3DCGモデルに体の動きと表情の動きのデータが用意できることになります。

Unity(ユニティ)

ゲーム制作エンジンとしても有名な無料から使えるUnity最終的に用意した3DCGモデルや背景データ、ボディモーション、フェイスモーションなどを連動させて動画を作成・編集するために用います。制御には高度なプログラミング知識が必要となるなど技術的なハードルは高めです。

ボイスソフト

映像のほかに魅力的な声も必要となります。無料のツールでは、恋声が有名です。一時期は無料版では使用期限が設けられていましたが、今では撤廃されて無料で使用できるようになっています。

事前に録音した自身の声のデータをもとに、設定を微調整しながら音声を変換。男性のボイスを自然な女性のボイスへと変換することができます。動画のナレーションとして組み込んで使用します。

まとめ ~Vtuber参入のハードルは高め~

2018年初頭から一大ブームとなっているVtuber業界。5000人を超えるVtuberが活動しているとされていますが、そのほとんどがチャンネル登録者数や視聴回数の伸び悩んでいるという実態があります。

本格的な参入には、専用機材の購入や作業を手分けする場合には人件費といった多額の費用がかかります。Vtuberをめざす場合には、機材購入などの前に、費用対効果など十分に業界の現実を把握したうえで取り掛かるようにしましょう。

VTuber・・・やっぱり難しいのかな・・・
おすすめの記事