タブレットやスマートフォンでイラストを描く際のペン選びと自作方法

電子機器の低価格化と高性能化に伴って、アプリも様々なものが登場しています。
かつては、高性能なパソコンとソフト、ペンタブレットなどがないと描けなかった本格的なデジタルイラストも、今ではスマートフォンで描く人も増えてきています。
そこで今回は、スマートフォンでイラストを描くための環境、主にスタイラスペンについて解説していきます。

スマホでペンあんまり使わないけど、やはり便利なのか・・・

そもそもスマートフォンで本当にイラストは描けるの?

求めるクオリティにもよりますが、大抵のテイストのイラストは描けるといってよいでしょう。たとえば、スマートフォンでも使えるイラストアプリでは「メディバンペイント」が有名です。

メディバンペイント - 豊富なブラシ・トーンが無料で使える

メディバンペイント - 豊富なブラシ・トーンが無料で使える
開発元:MediBang Inc.
posted withアプリーチ

無料で使えて、他の無料アプリでは有料となりがちな豊富なブラシやフォント、各種素材なども使用できます。クラウドとの連携機能を備えていてデータ保全に役立てられます。ほかにも、アイビスペイントやAdobe Photoshop Sketchなどが有名ですね。
さすがに指1本で描くのは高度な技術が必要になりますが、スタイラスペンを使えばかなり作業負担が軽減されます。

スタイラスペンとは?

スタイラスペンとは、タブレットやスマートフォンの操作や文字や絵の描画に使えるペンのことです。
タブレットやスマートフォンで使えるペンには、以下のような種類があります。

  • ゴムタイプ
  • 導電性繊維タイプ
  • ディスクタイプ
  • 極細タイプ
  • 筆タイプ

 

このうち、ゴムタイプ~ディスクタイプまでは「タッチペン」などと呼ばれて区別されることがあります。以下に、それぞれのペンタイプの特徴を記します。

ゴムペンタイプ

100円ショップでも売られている最も安価なペンになります。ペン先が太いゴムとなっており、簡単なスマートフォン操作であれば問題なく使用することができます。

メリット
・最も安価(100円~)

デメリット
・細かい描画など繊細な作業には適さない

導電性繊維ペンタイプ

こちらは、ペン先が導電性繊維でできておりゴムタイプよりもペン先は細くなっています。ゴムタイプよりも感知性が高いですが、思い通りに描けるとはまでは言いづらいです。

メリット
・安価で手に入る(100円~)

デメリット
・高クオリティなイラスト作成には適さない

ディスクペンタイプ

ディスクペンタイプは、ペン先が非常に細くなっていますが画面を傷つけないようにクリアなディスクが先端にくっついています。

メリット
・極細タイプよりは安価なことが多い(2000円程度~)
・極細タイプより画面を傷つけにくく、慣れれば細かいタッチも可能

デメリット
・やはりペン先のディスクが絵を描くうえで邪魔になることがある。

極細ペンタイプ

極細ペンは、見た目は太いボールペンと遜色ないような形をしています。ペン先も非常にシャープでディスクもついていません。イラスト向けのペンタブレットを開発していることで有名なWacomからも発売されているタイプが極細ペンタイプです。
人によっては、ここからがスタイラスペン、前述のペンは細かい作業に向かないため「タッチペン」と呼んで区別する人もいます。

メリット
・慣れれば液晶ペンタブレット感覚で詳細なイラストが描ける
・Wacomのペンなど筆圧対応のペンもあり本格的に描ける

デメリット
・(商品によっては)タイムラグや描画感覚のズレがある
・電池式ではランニングコストがかかる
・やや高額(3000円程度~10000円以上)

絵筆タイプ

絵筆タイプは、その名の通り、ペン先が筆ペンのようになっているスタイラスペンになります。極細ペンタイプと筆タイプで好みが分かれます。アナログ絵画に慣れている人は、こちらのほうが親しみやすいでしょうがデジタルイラストは極細タイプで描くという人もいます。

メリット
・まさに筆で描いているようなアナログ感覚が味わえる

デメリット
・やや高額(3000円程度~)

 

ちなみに、パソコン用のペンタブレットは安いもので4000円程度から購入できます(Amazon Bambooタブレット旧式モデルなど)メディバンメイントはパソコン版(Windows/Mac)もあるため、PCをお持ちの人でイラストを描きたいという場合には、よく検討してから選んだほうがいいです。
もちろん、自宅ではパソコン、外出先ではスマートフォンで描くという両刀使いも可能です。ちょっとした修正なら、スマートフォンでササッと行うことができて大変便利になります。

スマートフォンでイラストを描く際のおすすめスタイラスペン

Apple Pencil 価格11,122円~

iPadで本格的なデジタルイラストを描くには、現状Apple Pencilが最も高性能です。他のスタイラスペンと比べてタイムラグもなく、狙ったところに思い通りに描くことができます。

筆圧感知やペンの傾きもキャッチしてくれる高性能な仕様となっており絵描きに人気が高い1品です。価格が非常に高額で、ペンタブレットやパソコン用のそこそこ良いイラストソフトが買えてしまうような値段だけがネックですね。

他のスタイラスペン(Ciscle タッチペン スタイラスペンやRenaissance Proなど)もあるのですが、どうしても線がブレてしまったり、タイムラグがあったりとペンタブレットや実際のペンのように描けるものではありません。

価格も3000円以上したりするので、強くおすすめはできません。購入前に、以降に紹介するスタイラスペンの自作を試してみてからでも遅くないでしょう。

スタイラスペンはちょっと高い・・・100均のペンじゃダメなの?

100円ショップのペンを選ぶ場合には、導電性繊維タイプや、もしあればディスクタイプがおすすめです。ゴムタイプで高クオリティな絵が描けないわけではありませんが、かなりストレスが溜まります。よほど習熟しないと、描き切る前に挫折してしまう恐れがあります。

100均すら面倒・・・スタイラスペンを自作する荒業

ちなみに、お金をかけずにスタイラスペンを自作するという荒業(あらわざ)もあります。液晶画面は一般的に、微細な電気を感知してタッチ機能を実現しています。

そのため、ボールペンやシャープペンシルの先にアルミホイルを巻くことで自作のスタイラスペンを作成することができます。
そのほか、HDDの半透明な保護袋を使う方法もあります。ペン先が半透明となり、より描きやすくなります。

方法はいたって簡単。ボールペンなどのペン先に小さく切ったHDDの保護袋や食品の包装用紙を巻き付けます。ただ、作りかたや使いかたを間違うとディスプレイに傷が多数つく恐れがあるため注意が必要です。

ペン先に小さく削った消しゴムなどの緩衝材を刺した後、HDDの保護袋で覆ったほうが安全です。綿棒やスティックタイプの消しゴムをカスタマイズして自作するのもよいでしょう。くれぐれもカッターなどで手を痛めてしまわないように注意しましょうね。

まとめ

かつて本格的なデジタルイラストを描こうとしたら、高機能なパソコンと高額なソフト、それに液晶タブレットが必要とされることも珍しくありませんでした。

技術の進歩はものすごいもので、今やスマートデバイスでも十分ハイクオリティなデジタルイラストを描ける時代となりました。2DCGの世界以外でも、3DCG業界でもソフトの革新が見られています。(Vtuber関連サービスなど)

いつかは、ある程度のクオリティであればだれでも気軽に簡単に作成できる時代がくるかもしれません。いままで絵画に縁がなかった人も、お持ちのスマートフォンで気軽にイラストを描いてみてはいかがでしょうか?素敵なイラストライフが送れることを祈っています。

スマホやタブレットのペンにも色々種類があるんだなあ・・・
おすすめの記事