YouTubeMusicとは?使い方・料金を徹底解説

YouTube Musicとは2018年11月14日に日本でもサービスの提供が始まった音楽専用のサービス。このYouTube Musicは、YouTubeが提供する音楽サービスで、スマートフォン向けのアプリもリリースされています。

サービスの内容はApple MusicやLINE MUSIC等と同じく音楽ストリーミングサービスであり、無料のプランも用意されています。実際に利用した感じでは、音楽に特化したYouTubeであるという印象。今回は音楽をパソコンでもスマートフォンでも楽しめるYouTube Musicについて紹介します。

YoutubeMusic・・・音楽主体のYoutube??

YouTube Musicのサービスの詳細

YouTube Musicは音楽ストリーミングサービスです。パソコンのブラウザやアプリをインストールしたスマートフォン等から利用することができます。無料で利用できるYouTubeMusicと、月額制で利用するYouTubeMusic Premiumがあります。
無料プランでもほとんどの機能を使うことができますが、有料プランでは更に広告の非表示やバックグラウンド再生、楽曲をダウンロードしてオフラインで再生できる等のオプションが付く。

YoutubeMusicの料金

YouTubeMusic Premiumの料金はウェブ・Androidが月額980円iOSは月額1,280円となっており、最大6人まで登録できるファミリープラン(ウェブ・Android/月額1,480円、iOS月額/1,950円)も用意されています。

また、Google Play Musicを定期購入されている方や、YouTube Premiumに加入されている方は追加料金なしでYouTubeMusic Premiumを利用することが可能。

他の音楽サービスとの違い

他のストリーミングサービスと違う点は、Googleサービスを利用していることと、Youtubeにアップロードされた動画を元に音楽が再生されることです。YouTubeMusicはGoogleのサービスや技術を使っているので、ロケーション履歴や再生履歴を使ったオススメ楽曲のプレイリストを自動作成する機能があります。

履歴だけでなく、時間帯やユーザーの好きなミュージシャンの傾向もプレイリストの作成に影響するため、他のストリーミングサービスよりも新しいミュージシャンとの出会う機会が多くなっているのも特徴です。検索機能も充実しており、楽曲やアーティスト名だけでなく、タイアップしたドラマなどの作品やCMなどの名前からも検索が可能になっています。

また、Google HomeやChromecastにも対応しているので、Googleの製品で音楽を楽しむ際にもYouTubeMusicは活躍します。

動画の視聴も可能となっており、公式からアップロードされていればミュージックビデオやライブ映像の視聴もできます。動画と音声のみの再生を切り替えることもでき、一部の楽曲では歌詞の表示もできることも特徴的です。

楽曲はYoutubeにアップロードされている物が元になっているので、公式からアップロードされたものだけでなく、個人でアップロードされた楽曲やカバーされた楽曲も聴くことができます。楽曲をCDや音楽ファイルなどで販売・配信していないアーティストの曲や、公式からアップロードされやライブ音源なども聴くことができる点が他のストリーミングサービスにはない特徴になっています。

YouTube Musicの使い方

YouTube Musicのアプリやウェブサイトはとてもシンプルで直感的に操作することができるようになっています。難しい操作も必要なく、Googleアカウントを作成していれば簡単に使うことができます。YouTubeMusic Premiumに加入していない場合は、頻繁に加入を促す広告が出てくることがあるので、無料で利用することを前提としたユーザーには少し不便かもしれません。

インストール

YouTube Music

YouTube Music
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

スマートフォン版のYouTube Musicは他のアプリと同様にApp StoreやGoogle Play ストアからインストールすることができます。アプリをインストール後はGoogleアカウントの作成か、既に持っているGoogleアカウントでログイン。ログイン後は、料金プランの選択画面となり、プランを選択という流れですね。

次の画面で、アーティストのリストが出てくるので好きなアーティスをタップしていきます。アーティストの選択が完了するとYoutube Musicのホーム画面に移行し、実際に音楽を聴くことができるようになります。

YoutubeMusicの実際の使用感

ホーム画面の下部には、ホーム・ホットリスト・ライブラリの3つが並んでおり、設定画面などはGoogleアカウントのアイコンをタップすることで開くことができます。

ホーム画面では、お気に入りに登録したミュージシャンのチャンネルや、オススメ楽曲のプレイリスト、更新情報や、様々なシーン別にオススメの楽曲を集めたプレイリストが表示されます。

  • ホットリスト・・・トレンドの楽曲が特集されており、公式の動画とともに楽曲を楽しむことができるようになっています
  • ライブラリ・・・オススメ曲のプレイリストや最近視聴したチャンネルが表示されます

他にも、YouTubeと共通となっているプレイリスト、アルバム、高く評価した曲、アーティストといった項目が並び自分でカスタマイズできるようになっています。

広告も10秒ほどのものが殆どなので、ライトに使用するのであれば無料でも十分と感じました。無料でもフルサイズでアップロードされている楽曲はフル再生ができ、シャッフル再生やオンデマンド再生などもできるようになっているので機能的には十分だと言えます。
広告の非表示や、バックグラウンド再生はYouTubeMusic Premiumのみとなっているので、不便に感じる方は加入を検討してみても良いかもしれません。

YoutubeMusicを使うのにオススメな人

YouTubeMusicは、日ごろからYouTubeを中心に音楽を聴いている方にはオススメのサービスです。特に、ライブ音源や楽曲の販売を行っていないアーティストの曲も聴けるため、そういった楽曲を聴きたいユーザーには嬉しいですね!

動画としてアップロードされているものは、ワンクタップで音声だけにすることもできるので自宅では動画として楽しみ、外出の際には音声だけにするといった使い方もできるようになっています。
また楽曲のオススメ機能もとても充実しているので、新しい音楽との出会いを求めている方にもぜひ使ってもらいたいサービスになっています。

GoogぇPlayMusicやYoutubePremiumに加入しているなら

既に月額制でGoogle Play Musicを利用していたりYouTube Premiumに加入しているのであれば、そのままの料金で利用することができるので、これらのサービスを日頃から利用している方にもオススメです。
特に、YouTubeをヘビーに利用していて、YouTube Premium(月額1,180円)への加入を検討している方も同じ料金利用できるので、まずはYouTubeMusicの無料プランから試してみてもいいかもしれません。

この他にも、YouTubeで語学学習のリストなどを作成していれば、そのままYouTubeMusicで利用することもできるので学習やライフスタイルの充実に生かすこともできます。
有料プランではダウンロードも可能になるので、学習時にはオフラインにして利用するといった工夫もできるので、ご自身で新しい使い方を模索してみても面白いですね。

将来的には更にサービスの充実も

今後はGoogle Play Musicを統合するという予定もあり、既にあるGoogle Play Musicの楽曲をアップロードして保存するサービスや公式から配信されている約4000万曲の楽曲の追加などもあり、さらにサービスが充実していくと考えられています。

一時期はGoogle Play Musicを2018年内に終了するという情報もありましたが、こういったGoogle Play Musicの特徴的な機能をYouTube Musicが実装していないために、現在は統合の時期は未定となっています。

これから、YouTube MusicがGoogleの音楽サービスの中心となることで、Googleならではの機能も増え音楽ストリーミングの枠を超えたサービスになっていく可能性も十分にあるサービスと言えます。

YoutubeMusic割とありかもしれないなあ
おすすめの記事