Apple Pencilって一体何者?機能と選び方を徹底解説!

皆さんはApple Pencilってご存知ですか?「名前だけは聞いたことあるけど、なんだかよくわからない…」「聞いたこともない」という方もいるかもしれません。Apple Pencilとは、iPad Pro用のスタイラスペンのこと。

※スタイラスペンとは、iPhoneやiPadを始めとするタッチパネルを操作するために使うインクの出ないペンのこと。最近ではiPad Proで使えるスタイラスペンも様々な種類のものが販売されていますが、このApple PencilはなんといってもiPad Pro公式メーカーであるAppleから販売されている点が大きなポイントです。

今回は最新機種である第2世代のApple Pencilについて解説していきたいと思います。

ApplePencilかあ、やっぱり使ってみると結構便利なのかな

Apple PencilはiPad Proとの相性抜群!

スタイラスペンはペン先の素材や大きさ等で使い心地が大きく変わってくるのですが、Apple公式が「iPad Pro専用」として販売しているだけのことはあって、Apple PencilとiPad Proの相性は抜群です。画面をタッチした時の反応速度やタッチ位置の正確性が、他社製のスタイラスペンとは段違い。

ApplePencilの書き心地

タッチパネルにスタイラスペンで線を描く時の描き心地は、紙にペンで線を描く時とはまったく違います。タッチパネル&スタイラスペンと紙&インクのペンでは素材の組み合わせが全然違うので、仕方のないことなのですが…。でも、この描き心地の違いは大きな問題です。

慣れないうちは思っていたのとぜんぜん違うところに線を引いてしまったりして、ものすごく使い勝手が悪いように感じられてしまうのです!実際、筆者も安物のスタイラスペンを何本か試してみましたが、使い始めは毎回「これなら指で描いた方がマシだな…」と思ってしまいます。

慣れてくればタッチパネルやスタイラスペンの癖が掴めてきて、思ったとおりの線が引けるようになってくるのですが、それまでの間に挫折しかねないほど、初めのうちは使いづらい。その点、Apple PencilとiPad Proの組み合わせは、初回から指を使うよりも正確に感じられるほど思ったとおりの線が引けます。

タッチに対する反応の遅れもほとんどなく、本当に紙にインクペンで線を引いているような気分で描くことができます。これはスタイラスペンとしては本当にすごいことなんです。

Apple Pencilの便利な機能

単に反応がいいというだけではなく、Apple Pencil(第2世代)には便利な機能がいろいろ備わっています。

iPad Pro本体にくっつけるだけで充電できる

Apple Pencil(第2世代)は充電式ですが、充電する時はマグネットでiPad Proの側面にピタッと貼り付けるだけでOKなんです。
実は第1世代のApple PencilにはLightning端子(オス)がついていて、iPad ProのLightning端子(メス)に挿し込むことで充電ができるようになっていました。しかしこの充電方法だと、充電中はiPad Pro本体に直接Apple Pencilを挿し込んでおかなければならず、使いづらい上に外しておいたLightning端子(オス)の保護キャップを紛失してしまう可能性がありました。一応Lightningケーブルで充電ができるようにアダプタも付属していましたが、それでも充電の度にわざわざ細いApple Pencilをケーブルに繋がなければならず、正直言って少々面倒な仕様でした。

第2世代はiPadProにくっつけるだけで充電可能

一方最新機種であるApple Pencil(第2世代)は、iPad Pro本体にくっつけるだけで充電ができるので、Lightning端子を利用する充電が必要ありません。側面にマグネットでしっかりくっつけることができるので、Apple Pencilを充電している間も問題なくiPad Proを使うことができます。これは地味に便利な機能です。

筆圧感知プラス傾きで濃淡もつけられる

PCのペンタブレットを使い慣れた人なら、ペンに加わった筆圧によって線の強弱が変わる筆圧感知機能はぜひほしいところですよね。Apple Pencilにはもちろん筆圧感知機能が備わっています。それだけではなく、なんとPencil本体の傾きを検知して、線の濃淡や太さが変わる機能まで備わっているのです!

これはちょうど鉛筆やクレヨン、チョークなどを傾けて線を引くと、線が濃く、太くなるのをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

これによって、リアルなペンや鉛筆に限りなく近い描き味=仕上がりになっています。傾きの検知はかなり繊細なので、ほんの少し握り方に角度をつけただけでもしっかり線の太さが変わります。まるで鉛筆の芯が紙に当たる角度を少し変えた時のようです。
この機能のおかげで、イラストはもちろんのこと、書き文字さえも非常にリアルな質感で表現することが可能です。書いている感覚としてもとても自然なので、さらさらと書き進めることができます。

ダブルタップでツールの切り替えができる

対応しているアプリのみにはなりますが、通常のペンの握り方をした際に人差し指でPencil本体をダブルタップすることで、使っている描画ツールを切り替えることができます。
今描いているところからいったんペン先を離してツールの切り替えを行う必要がないので、複雑なイラストを描いている時などに重宝します。

タップの挙動は自分好みにカスタマイズすることが可能なので、自分で使いやすいように設定しておくと作業効率が格段に上がります!
特にイラスト制作中はペンなどの描画ツールと消しゴムツールを頻繁に入れ替えるので、ダブルタップ一発で切り替えができるようにしておくと非常に作業が捗ります。

PCでよく使われるペンタブレットには、同じようにツールの切り替え等に使える物理ボタンが付いているものが多くありましたが、ボタンだとペンの握り方次第で誤作動してしまうことが多かったんです。
その点、Pencil本体を誤ってダブルタップしてしまうということはほとんどないので、誤作動も少なくてとても快適です。慣れてくるとこの機能なしではイラストが描けない!というくらい便利な機能です。

転がりにくい形状

これ、実はとても重要なポイントです。第1世代のApple Pencilは普通のペンと同じく円柱形だったので、作業中に少し机等に置いておくとコロコロと転がっていってしまっていたのです。ところが第2世代のApple Pencilは、平らな面ができて転がりにくい形状になっています。地味にストレスの種だったペンの転がりや紛失のリスクがなくなった、素晴らしい進歩点だと言えるのではないでしょうか。

Apple Pencilの選び方

iPhoneやiPadではApple Pencilは使えないの?

今回ご紹介しているApple PencilはiPad Pro専用のスタイラスペンとなっていますが、第1世代のApple Pencilのみ第6世代のiPad(2018年発売)に対応しています。

第6世代のiPadをお使いの方は、第1世代のApple Pencilを購入すればiPadでも使用することが可能です。なお、今の所iPhoneには第1世代、第2世代のいずれも対応していません。ですので、第6世代以外のiPadやiPhoneでスタイラスペンを使用したい場合は、他社製の対応しているスタイラスペンを購入する必要があります。

Apple Pencilの対応機種一覧

それでは、具体的にどのiPad Proに対してどちらのApple Pencilが対応しているのかを見ていきたいと思います。
Appleによれば、対応は以下の通りとなっています。

Apple Pencil(第1世代)対応機種

  • 12.9インチ iPad Pro(第1・2世代)
  • 10.5インチ iPad Pro
  • 9.7インチ iPad Pro
  • iPad(第6世代)

Apple Pencil(第2世代)対応機種

  • 12.9インチ iPad Pro(第3世代)
  • 11インチ iPad Pro

 

こうして見ると、第2世代のApple Pencilはまだまだ対応機種が少ないですね…。
対応しているiPad Proはどちらも新しい機種なので、最新のApple Pencilを使うためにiPad Proを購入しようとするとかなりの出費になってしまいます。

ただ、Pencilの機能自体が第1世代と比べて第2世代はかなり進歩しているので、もしイラスト制作等に本格的に利用するつもりであれば、新しいiPad Proと第2世代のApple Pencilを併せて用意するのがおすすめです。

逆にちょっとしたメモ書きや落書きに使う程度ならば、第1世代のApple Pencilを選んでもさほど問題はないと思います。第1世代のPencilであっても、反応速度や書き味の滑らかさはそれほど見劣りすることはありません。文字や小さくシンプルな絵くらいなら、十分自然に描画することが可能です。

以上の点を参考に、ご自身がお持ちのiPad Proの世代や、Apple Pencilの使用用途に合わせて最適なものを購入するようにしてみてください。

まとめ~液タブよりもiPad Pro+Apple Pencil…かも

第2世代のApple pencilは第1世代と比較してみてもかなり高機能だということがお伝えできたでしょうか。特にイラストを制作する人にとっては、PCでペンタブレットを使ってイラストを描くよりもiPad ProとApple Pencilを使用した方が効率もよく、描き心地もいいのではと思ってしまいます。

iPad Proはそれなりに値が張りますが、同じように画面に直接ペンを当ててイラストを描く液晶タブレットを購入する場合と比較すると、同じくらいの価格帯でイラスト制作以外の機能も充実している分、iPad Proを購入したほうが結果的にはお得なようにも感じます。

最近ではiPad Pro用のイラスト制作アプリもかなり充実してきていますので、液晶タブレットを購入しようとお考えの方もぜひ一度Apple Pencil&iPad Proの購入を検討してみてくださいね。

 

ApplePencilイラストにも本格的に使えるなんて・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事