おしゃれなスピーカーが欲しいならガラス製のソニー「LSPX-S2」はどうだろう

もしかしたら、デザイン性の高いスピーカーを欲しいと思っているんじゃないでしょうか。もしそうならガラス製のソニーのスピーカーを見てみるといいかもしれない。見た目はスピーカーに見えず、もはやインテリアとしても使えるデザイン。

音質だけじゃなく、見た目にもこだわりたいならLDPX-S2というスピーカーはどうだろう。

デザインにも気を使ったスピーカーか・・・

LDPX-S2のおしゃれさ

これがスピーカーです。デザイン性抜群じゃないですか。これがスピーカーと言われても正直よく分かりません。家の中にこんな風に置いてあっても、おしゃれなライトにしか見えない・・・

もうこんな感じで置いてあったら、ただのおしゃれなライトです。これがスピーカーじゃなくても普通にライトとして欲しい笑

持つとこんな感じの大きさらしいですね。

うーん、おしゃれ。

そして、このLEDは明るさを32段階から選ぶことができる。その時の気分や部屋の明るさによって、光の大きさを変えるといいですね。

「キャンドルライトモード」っていうのが搭載されていて、強弱の2種から選ぶことができるようですよ。雰囲気はその時の気分によって、光の強さや強弱を決めることができるのは良いですね。普通のライトとしても優秀そう。

操作ボタンは底に配置

肝心の音声操作のボタン達は下の方に配置されている。上の方は綺麗なライトのデザインを保てるようにスッキリしているんでしょうね。

ここに電源ボタンや、音量の調整ボタンなどが敷き詰められていますね。だけど、ボタンはこれだけじゃなくて、実は底面にもあるんです。

ひっくり返してみるとこんな感じになっている。まさかここにボタンがあるなんて・・・

結構いろんなボタンがついていますね。イルミネーションのボタンもここにあるんだ。色々操作したいときには、ひっくり返して手元に持って色々いじる感じかな。

気になる音質

スピーカーといえば、やはり気になるのは音質でしょう。デザインはガラス製でとても美しいです。ただ、大事なのはやっぱりだ。そして、このガラス管から発せられる音は360度全体に音が広がるらしい。

 

透明な有機ガラス管は、高域を再生するトゥイーターというものになっているようですよ。部屋の中心にあるダイニングテーブルの上などに置くのにおすすめということだから、結構広い範囲に音も届きそう。

その他、どんな音を奏でるかは製品ページの紹介をみてみると良いですよ!

バッテリー駆動は8時間

バッテリー駆動は8時間!5時間の充電で約8時間ワイヤレスで聞くことができるようですよ。8時間聞くことができれば、充電もそこまで頻繁にすることはなさそうです。

spotifyをワンプッシュで再生

Spotify Connectに対応しているので、Spotifyの曲を聞くことができます。Spotifyは相当数曲があるから、困ることはなかなかないでしょうね。

Spotify Connectとは

スマホをリモコンのようにして、Spotifyの音楽を楽しむことができるというもの。スマートフォンなどのモバイル機器からの操作で、「Spotify」のお好きな音楽を聞くことができる。

電話に出ても音楽はそのままっていうのはなかなか良いですね。

LDPX-S2の価格は

44,880 円+税です!

うーーん、どうでしょうか。正直ちょっと高いかなーと思っちゃいますよね。スピーカーにこれだけお金かけることができる人は、そこまでいないでしょう。でもこのスピーカーのデザインはなかなか良い。

LSPX-S1もあるぞ

同じような形の製品でLSPX-S1というものもあります。コンセプトムービーがあったので貼っておきますね。なかなかカッコ良いです。

こっちのスピーカーはさっきまで見ていたLDPX-S2とは違って、ちょっと大きいサイズですね。

ワインボトルと同じぐらいと考えると結構大きいですよね。やっぱりこっちも素敵なデザインです。

まとめ

このスピーカーの魅力は何と言ってもデザイン性でしょう。もはやスピーカーじゃなくてただのライトでも欲しいぐらいです。試してないからなんとも言えないけど、音質も悪くなさそうだしバッテリーも十分持つ。

そして、スピーカーでありながら家に置いてあったら、あるだけでおしゃれになりそうな気がしてくる。インテリアとしても使えそう。

デザインも美しい素敵なスピーカーだね。
おすすめの記事