デザインを気にしたポートフォリオを作るなら、foriioは使ってみてはどうだろう?

ポートフォリオって作ったことありますか?

あれって作るの結構面倒ですよね。そもそも何かのサービスを使って作るか、1から自分で作るかっていうところから悩みますよね。でも1から作ると相当時間かかるしなあ・・・なんてことを思っているのではないでしょうか。

もし、自分で1から作るのではく、自分の作品を掲載するための媒体が欲しいというなら、foriioを使ってみるといいかもしれません。自分も使ってみたけど、かなり簡単に作れる・・・

この記事では、foriioの紹介と使い方について書いていくよ。

綺麗な自分のポートフォリオが欲しいなあ・・・

ポートフォリオを作れるforiioとは

foriio

すぐに作れる、クリエイターのためのポートフォリオサービス

foriioは「すぐに作れるポートフォリオサービス」らしい。自分で何か作ったことのある人はそれを紹介するポートフォリオなんてものを作れるとか。使っているのはデザイナーが多いらしいけど、フォトグラファーやスタイリスト、ライターなどなど様々な人に登録してもらっているようですね。

1ヶ月足らずで登録者数1,000クリエイターを突破

実はこのポートフォリオ作ることができるサービス開始してそんなに経っていなくて1ヶ月足らずで1000クリエイターを突破したとか。ポートフォリオってそんなに作らないような気がするけど違うのかな、短期間でもそれだけ使う人いるんですね。

foriioでどんなポートフォリオを作れるの?

一番気になるのはここでしょう。簡単に作れるのはいいけど、クオリティはどんなもんなんだと気になりますよね。一部foriioで作られたポートフォリオを見てみます。

https://www.foriio.com/shunsukesatake

イラストレーターの方のポートフォリオ。なんだか素敵なイラストばかりでポートフォリオうんぬんより、そっちに目がいっちゃいますね。こんなポートフォリオが簡単に作れたらすごくないですか。

お次はライターの方のポートフォリオです。

こちらは記事が作品として掲載されていますね。作品をクリックするとその記事に飛んで読むことができます。読みたい記事があったらすぐに読むことができるのは良いですよね。こんな綺麗に記事を掲載できるとは。

foriioからいろんな人のポートフォリオを覗くことができるから、気になったらみてみるといいですよ!

foriioでポートフォリオを作ってみる

foriioを使えば、多分良い感じにポートフォリオを作ることができそうなのはわかったけど、やはり実際に使ってみないと分からない。早速使ってみようではありませんか。

まずは、「無料でつくる」をクリックして始めてみよう

なるほど、登録が必要なんですね。メールアドレス入力して登録は面倒なので、「GOOGLEでサインアップ」で進めときます。

サインアップしたらすぐに作ることができるようです。画面を見る限り、「画像&ファイル」「動画」「ウェブ」「音源」のポートフォリオを作ることができるっぽい。

うーーん、なんのポートフォリオ作るか迷うけど、このサイトのポートフォリオでも簡単に作ってみるか。サイトなのでウェブを選択。動画や音源のポートフォリオを作ってみたかったら、そっちを選んでみるといいですね。

「ウェブ」を選択するとこんな画面になりました。サイトのポートフォリオになるのかなーとおもっていたけど、「記事のURLを貼り付けてください」って文言を見ると、記事のポートフォリオになるのかな。とりあえず、URLを貼り付けてみます。

おー、URLを貼り付けるとこんな画面になった。アイキャッチ画像もとってきてくれて綺麗。ちなみにURLを入れた記事は⬇︎です。

記事の紹介や「あなたの役割」なんてものも書くことができるから書いておきましょう。

出来上がったので、「完了」ボタンを押してみます。Great work!です。

作品ページに移動すると、今作ったものを見ることができるようになっていますね。

こういう風に表示されると1つの記事でも、なんかかっこいいですね。クリックすると、さっき貼り付けたURLに遷移されます。誰かがこれを見たらすぐ確認できるようになっていますね。

トップページに戻ってみると、追加した作品がこんな風に表示されています。

追加していくと、ここにどんどん表示されるんですかね。色々あると充実して楽しそうです。1つだけ作ってみたけど、これだけ簡単に作ることができるなら、結構良いんじゃないでしょうか。自分のポートフォリオのURLも簡単にコピーすることができるし、それをどこかに貼り付ければ、誰かが見てくれることもあるでしょう。

foriioを使ってみた感想

これはなかなか簡単にポートフォリオを作ることができて良い気がします。ポートフォリオ作りたいけど、サクッと作りたい!って思っている人にはおすすめです。ただ、オリジナリティーは無くなるので、そこは自分のポートフォリオ作品でカバーですね。

ポートフォリオを1から作ろうとしたら、 サーバー借りたり、プログラミングしたりする手間が発生するけど、これならその何十倍も早く作ることが可能だ・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事