周りの音も聞こえる和風開放型イヤホンが独創的でおすすめ

音楽を聴くならイヤホンは欠かせないですよね。今では、ワイヤレスのイヤホンなんかもたくさん出ていたりして、色々目移りしてしまいます。

やっぱり毎日のようにつけるイヤホンですから、デザイン的にも機能的にも気に入ったものが欲しいです。できれば、他の人と被りたくないし、それでいて機能的にも優れていて・・・

なかなかない気がするけど、そういった思いを持っているなら、新しいイヤホンに注目してみてはどうだろう。今回紹介するのは、音楽を「聴」きながら、会話も「聞」き逃さないという開放型のイヤホン。

デザインが和風な感じでちょっと変わった印象を与えてくれるぞ。

和風なイヤホンってどんなんだろうか・・・

これが開放型イヤホンのデザインだ

これは今まで見たことないようなデザインのイヤホンですよね。こういった和風な感じのデザインが好きな人もいるのではないでしょうか。こういうデザインも結構良いですよね。

本企画に現代の名工である漆工芸作家、齋藤國男氏始め、秋田県川連塗りの若手漆芸家の共感をいただき、蒔絵や螺鈿を含む漆工芸デザインを作っていただきました。

シンプルなものから、漆工芸などの物もあるようで、やっぱりデザインには凝っているようですね。一つひとつが手作りの漆塗りのため、画像のデザインから誤差が生じる場合がございます。ということですよ。

周りの音が聞こえる開放型イヤホン

このイヤホンの注目ポイントはデザインだけじゃない。イヤホンってつけていると、周りの音が聞こえなくて困ってしまうときもあると思うけど、このイヤホンをそういったことに目を向けた製品。

耳に入れる部分を特殊な構造にすることにより、周囲の音が聞こえるようになっているみたいです。

前後のイヤパッド(消耗品)を鋏で切って自分の耳の形状に合わられるということで、個人個人に合わせられそうです。耳が痛くならないように工夫されているのは素敵ですね。

コースは4種類

このイヤホンは単発でいくらですと売っているわけではないんです。いくつかのコースに分かれていて、それぞれ値段が違うっていうパターン。値段は結構高いです・・・一番安いので5400円のコースですから。

音楽を「聴」きながら、会話も「聞」き逃さない! 開放型イヤホン開発プロジェクト

5,400円コース ヌードデザインver(黒・白)

一番安いコースはとてもシンプルなデザインですね。

12,000円コース 齋藤國男氏デザイン

値段がグッとあがり、12000円。模様がついてきて良い感じですね。個人的には①の男鹿の星空がいいなあ。

15,000円コース 川連塗りの若手漆芸家デザイン

おー、ここまで行くとデザインも凝ってきますね。ちょっと高級品感が漂っています。個人的には②のイヤホンが欲しい。

100,000円コース スペシャルデザイン〜なまはげ〜

秋田のなまはげをイメージした、スペシャルデザインです。プラス、川連塗り、男鹿の風土シリーズからお好きなデザインを2点おつけしてお送りします。

こちらは写真のイヤホンの他に2点つくようですね。それにしても10万円ってすごいですね。

和風なデザインのイヤホンが欲しいなら

なかなかこういったデザインのイヤホンは見ないと思うから、結構目を惹かれますよね。音楽を聴きながら周りの音も聞こえるイヤホンが欲しい!っていう人にも合っているんじゃないかなと思います。

普段使いのイヤホンとは別にこのイヤホン1つぐらい欲しいですね。

和風のイヤホンかっこよくていいな・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事