温度を調整してくれるリストバンド「エンバーウェーブ」って何?

どうやら手首にデバイスを取り付けて温度調節をすることができるものがあるらしい。手首に取り付けて温度調節って手首にしか影響及ばないんじゃないか・・・?って思うけど、どうなんだろうか。

まあ見ていこう。

手元で温度を調整可能なエンバーウェーブ

そもそも手元で温度を調整可能っていうのが意味がわからん。画像のように手首に機器を取り付けてその機器をいじると温度を調整できるようだけど、そこで温度調整しても手首にしか及ばないんじゃないか?・・・と。

だけど、どの一部の温度を調整することにも効果があるらしい。

濡れたソックスを履いているときは寒く感じ、温かいマグカップを握っているときは温かく感じるのと同じ原理で、体温を変えずに体の一部を集中的に暖める/冷やすことで全体的な温度快適性を提供しています。

なるほど、確かに靴下履いていれば暖かく感じることを考えると、体の一部分だけを温めるだけで効果を期待できるかもしれない。その靴下がこの装置だと手首だっていう話か。そして、このエンバーウェーブは暖かくするだけでなく夏にはアイスキューブの寒さを発揮してくれるらしい。夏に冷たい水に触れるのは気持ちいいからこれも何かと良さそう。

操作はワンタップ

操作はタップするだけで暖かくしたり冷たくしてくれる。

デザイン

手首につけるものとしては結構目を惹くデザインですよね。なんかかっこいいです。これつけてたら周りに何つけてるのか聞かれること間違い無いでしょう。

まとめ

手首につけるちょっと変わったウェアラブルデバイスでしたね。まさか温度を調整してくれるものだとは思わないでしょう。うーん、温度を調整してくれるってどうなんでしょうね、どれだけ効果を実感できるか真夏や真冬に試してみたいところ。

真冬に持つ自販機で買ったペットボトルとかホッとするからそんな感じかもしれん。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事