眠りにつくまでの時間を短縮する睡眠学習トレーニングデバイスTHIMって?

もっと早く眠りにつけるなら睡眠時間伸ばせるのになんて思うことありますよね。でも、毎日ベッドに入ると中々眠りにつくことができない・・・・

そして、朝になって思う「ああ、また十分に眠れなかった・・・」と。でも、もしかしたら睡眠学習トレーニングデバイスを使えば、そんな悩みもなくなるかもしれない。

睡眠学習トレーニングデバイスって何だ?って思うかもしれないけど、この世には睡眠を助けてくれるデバイスもあるようですよ。

睡眠学習トレーニングデバイスTHIMとは

THIMというのが今回見たい睡眠学習トレーニングデバイス。何でも、睡眠サポート機能で、より早く眠りについたり、夜中起きる回数を減らしてくれたりするらしい。より長い時間眠ることも期待できるから、もっと寝たいっていう自分にもいいかもしれない。

睡眠学者による長年の研究データと睡眠の質改善の実績に基づき開発されたみたいだから、ちょっと使ってみたいですね。

誰に使ってもらいたいか

こんな悩みを持っている人に使ってもらいたい製品だそう。睡眠に関する悩みの大半を占めている気がします。

  • 寝つきが悪い
  • つい考え事をして眠れなくなる
  • 夜中起きてしまう
  • 予定より早く目覚めてしまう
  • 朝なかなか起きれない
  • 日中の眠気が抑えられない

朝なかなか起きれないなんて、自分にぴったりじゃないか。日中眠くなることもあるし、あの眠気が何とかなったら素敵すぎる。

THIMの使い方

THIMは手の指に取り付けて使うデバイス。使うときには専用のアプリを使って、設定をすることになる。

  1. アプリでプログラムを選択し設定(睡眠トレーニング時間、アラーム等)
  2. アプリから設定をTHIM本体に送信(Bluetooth接続)
  3. THIMを指に装着し、指で「ダブルタップ」することでプログラム開始

THIMが優しい振動を送ってくれるから、それを感じたらタップして起きていることをTHIMに伝えることで入眠時刻を把握することができるという。

THIMの睡眠トレーニングとは

使い方は何となくわかったけど、それで何で睡眠の改善につながるのかがよくわからん。どうやらTHIMは睡眠改善のトレーニングをしてくれるみたいで、この「睡眠トレーニング」で重要なのが眠り始めの時間に「眠りに落ちる感覚を繰り返し体感する」事らしい。

睡眠研究の結果では「眠りに落ちる → 3分後に起こされる」の過程を何度も繰り返し実施することが不眠症の解消や睡眠の質を上げることに効果的であることが判明したとか。

THIMのプログラム

THIMのプログラムは3種類。

  • 眠る感覚を覚える 睡眠クリニックのプログラム ・・・「睡眠トレーニング」モード (スリープリトレーニング)
  • 最適な仮眠をとる・・・「リフレッシュ」モード (パワーナップ)
  • 起きやすいタイミングで目覚める・・・「スリープトラッカー」モード

睡眠トレーニングをしてくれるものの他に仮眠をとるモードなんてものもあるね。これでトレーニングしてどんな感じになるのか気になるところです。

アプリで睡眠状態を可視化

THIMはアプリを使うので、そこから自分の睡眠状況をみることができる。

  • 睡眠効率
  • 入眠時間
  • 睡眠ステージ

指につけるだけでこれ測ることができるなら結構いいですね。睡眠に入るまでの入眠時間がトレーニングしたらどんどん短くなっていくのでしょうか。

睡眠に悩んでいるなら試してみる価値あり?

これ使って睡眠が本当に改善されるならやってみたいですよね。夜寝たいと思ったらすぐに眠ることができたら、かなり楽になりそうですからね。気持ちよく眠りたいものです。

おすすめの記事