目標金額の4322%を達成した小型プロジェクターが素晴らしい

仕事場や家でプロジェクターを使って映像を写したいと思ったことはないでしょうか。大きい画面であれば、みんなで観て楽しむことができますよね。

プロジェクターの種類はたくさんあるけど、クラウドファンディング で目標金額の4322%を達成した小型プロジェクターなんてものがあります。それだけの期待をみんながしていたということですから、なんだか凄そうです。一体どんなプロジェクターなのだろうか。

目標金額の4322%を達成したのはGOSHOモバイルHDプロジェクター

このとんでもない数字を叩き出しのは「GOSHOモバイルHDプロジェクター」というものです。大きさは某音声認識デバイスと比べるとこれぐらいで、なかなかのコンパクトさ。

このコンパクトさで200インチまで映すことができるからかなり大きい画面で見ることができる。しかも、スマホやタブレットから無線で映像を映すこともできるという。プロジェクターというと、有線で繋いでっていうイメージだけど、そんなものは必要ない。

圧倒的な画像輝度と明瞭度

このプロジェクターの良いところは、無線で映し出すことができることもだけど、何より画像の綺麗さだと思う。180 ANSIルーメンという輝度で、普通のミニプロジェクターより綺麗に映像を映してくれる。

これだけ綺麗に映してくれるなら素敵すぎますよね。プロジェクターって結構画像の色合いが霞んで見えることもあるけど、これだけ綺麗なら文句ないでしょう。

家でスマホの映像を大きい画面で見たい時なんかにはかなり良さそう。どんな感じで画面が映るか詳しく知りたいなら、以下の動画を見てみるといい。

様々な接続形式に対応

このプロジェクターにはUSB・HDMI・ミラーリングを使って接続することができる。

この3つがあれば、大体のものからは映像を映す事ができるでしょう。また、Amazon Fire TV stickやGoogle Chromecatと連携することもできるそうですよ。

大画面で映像を楽しみたいなら

小型でもこのプロジェクターならかなり綺麗に映像を映す事が出来そうです。プロジェクターならテレビを置く必要もないのがいいですよね。期待されているだけあって、かなり使いたい製品。家にあったら、これでパソコン作業とかしてみたいです。

おすすめの記事