Bluetoothワイヤレスキーボード『K380』をレビュー!コスパの高さが魅力です

ロジクールの『Bluetoothワイヤレスキーボード(K380BL)』を購入しようと思ったきっかけ

普段使っているAndroidタブレットは情報閲覧やメモ書き程度には非常に便利なのですが、長文を入力したりするにはあまり向いておらず、常々「持ち運べて接続が簡単なBluetooth式のワイヤレスキーボードが欲しいな」とは思っていました。

候補としては【折りたたみ式のマイクロキーボード】や、【丸めて持ち運べるシリコン製キーボード】などを考えていたのですが、どちらも店頭などで触れてみると、前者はキー間隔が狭くてタッチタイプがしにくく、後者はキー間隔は充分なものの強めに押さないとならず指が疲れるのです。

また特殊な機構のない代わりに安価な【ノーブランド(あるいは中国メーカー)のBluetooth式のワイヤレスキーボード】もいくつかのレビューを見てみたのですが、すぐ壊れたなどの耐久性に難があるものが多かったので、いつの間にか探すこと自体を諦めていました。

それから数年経ち、たまたまAmazonで全く別のものを探していたとき、ふと目に入ったのです…求めていた製品が!それがこのLogicoolの『Bluetooth式ワイヤレスキーボード K380』でした。

Logicoolの製品はどれも耐久性に優れていて、キーボードやマウスなど2年保証が付いている物が多く、実際に安価な製品でも保証期間以上に長持ちします。
もちろんLogicool以外のワイヤレスキーボードでもきちんとしたメーカーあるいはそれなりの値段のものを買えば、耐久性が保証されるのは分かっているのですが、ワイヤレスキーボードの使用頻度が高くないであろう事も考えていたので、それらの品に4~5000円出すと考えると購入までにはいたりませんでした。

その中でLogicoolの『Bluetoothワイヤレスキーボード K380』は発売当初は他の製品同様の値段でしたが順当に値下がりを続け、私が見たときには2300円と非常にお手頃価格になっていたのです。
かといって製品自体に悪い点は見つからず、レビュー評価も決して悪くないことから購入が決定しました。

K380選んだ理由と実際に使用してみて分かった良い点

K480というタブレットやスマートフォンを立てかけられるスタンドを備えたモデルも、K380とほとんど変わらない値段で売られていたのですが、大きさから持ち運びには不便そうなので選択肢からは外し、カラーはブラックだと地味で見つけにくく、レッドでは派手すぎると思ったのでブルーを選択しました。
K380の最も良い点は、普段使用している一般的な日本語(JIS)配列のキーボードと同じ配列だという点です。
他の安価なBluetoothキーボードは海外で販売しているものを流用しているのでUS配列のものが多く、実際に使ってみると分かるのですがキー配置にかなりの違和感を覚えます。いつもの感覚で入力しようとすると誤入力が多くなってしまうのです。
ですがK380はJIS配列で、ひらがなもそしてOS毎に異なる記号の場所もしっかり刻印されているので迷うことはまずありません。

現在は値段こそ安価なBluetoothキーボードと同じ価格帯の2,500円前後になっていますが、もともと4000円以上するものなのでしっかりと日本仕様になっていたのはありがたいです。

同じ価格帯のBluetoothキーボードに比べると『アルカリ単4乾電池2本で最長2年間』と電池持ちは断然こちらが良く、
以前からパソコン向けにワイヤレスキーボードを作っているLogicoolならではだと思いました。

K380の悪い点

基本的には欠点らしい欠点のないK380ですが、しいてあげるとすれば「マニュアルが簡素すぎ」ということです。
パッケージに付属しているマニュアルは『文字が一切ないイラストだけの黄色いペラ紙一枚』です。

製品自体のコストパフォーマンスを上げるために説明書をその分簡素にしたのは思いきった判断だと思いましたが
こういった製品に慣れていない人には少し分かりづらいかな…とは思いました。
とくにそのマニュアルにはBluetoothで初回ペアリングする際の数字キーによるPIN認証に関する記述(イラスト)がないため
Bluetooth機器に不慣れな人にとってはその部分でつまづいてしまうかもしれないと感じました。

一応日本語で書かれた詳細なマニュアルがLogicoolの公式サイトで公開されてはいるのですが、マニュアルにたどり着くまでが面倒なのもやや難点かもしれません。
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/manuals/k380-setup-guide

K380のワイヤレスキーボードとしての特徴

電源は物理的なスライドスイッチを採用していて、長押しなどの時間を掛ける必要はありません。

ペアリングは3つまで登録でき、Android、iOS、Windows、MacOSと主要なOSには対応しているので困ることはないでしょう。
そのペアリングもファンクションキーに割り当てられた三つのボタンで簡単に切り替え可能になっています。


逆に標準ではファンクションキーはキーボード固有の(どちらかというとスマートフォンやタブレット向きの)機能が割り当てられているのですが
WindowsやMacOSなら以下ページより『Logicool Options』というソフトを導入することで、通常のファンクションキーと同じように使用できるようにすることが可能です。
https://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/multi-device-keyboard-k380/downloads#

キーボードとしては丸形のキーを採用しておりややデザイン重視となっていますが、かといって使いにくいと言うことはなく
角がないことである意味キーピッチを確保しているとも言えるので、思いのほか入力はしやすいです。

実際の日本語入力に関しては、フラワータッチや先読み変換で使い易かった『ATOK for Android』はK380(物理キーボード)だとWindows版ATOKとキー操作が異なるのでやや使いづらく
Androidに特化した『G Board(旧:Google日本語入力)』の方がK380での入力は使い易かったです。
これはアプリ依存なのでK380の良し悪しとはあまり関係ないかもしれませんが、一応感想として記しておきます。

まとめ

Logicoolの『Bluetoothワイヤレスキーボード K380』はAmazonなら現在2500円前後と買いやすく、一般的な製品よりも長い『2年間保証』をうたっており耐久性も充分期待できるでしょう。
ブラック、ブルー、レッドの三色から選べて丸形キーの採用というデザイン重視の外見ながらも
しっかりとした性能を持った非常にコストパフォーマンスの高いワイヤレスキーボードだと思います。

AndroidやiOSでの使用が前提となっている本機ですが、キーボードの無いWindowsタブレット(Windows10搭載あるいはWin10 Sモード解除後)などは
コレがあれば低コストでWindowsノートパソコンと同程度の入力端末として使えるようになるので、持っておいて損はない一台だと思います。

やはり長文入力は物理キーボードが有ると無いとでは段違いなのですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事