Chrome翻訳をPC・iPhone・Androidで行う方法

インターネットを楽しんでいると、英語のページを見たいなんていう時もあるのではないでしょうか。そんな時には、Chrome翻訳が便利です。英語のページを表示すると自動で翻訳してくれたりするので、英語が読めないならば重宝すること間違いなしです。

この記事では、そのChrome翻訳をパソコン・iPhone・Androidで使う方法を紹介します。翻訳できない場合や機能をOFFにしたい場合のことも書いたので参考にしてみてください。

chrome翻訳の性能もすごいですからねえ

PC版Chromeで自動的に翻訳する

Chromeの翻訳機能を有効にするために「設定」をクリックします。

いくつか出てきますが、一番下にある「詳細設定」をクリックして開きましょう。

詳細設定を開いたらその中から「言語」という項目を探します。

「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」をクリックしてONにしましょう。これでChromeで翻訳機能がONになりました。試しに英語版のYahoo!にアクセスしてみましょう。自動で日本語に翻訳されるはずです。

Chromeの上部に翻訳ツールバーが表示されます。

右クリックから翻訳する

右クリックで英語のページを日本語に翻訳することもできます。

翻訳機能をONにしなくてもこれは使うことができます。

自動的に翻訳しないように設定する

自動で翻訳したくない場合は、翻訳機能自体をOFFにするか常に翻訳する機能をOFFにするかといった方法があります。

翻訳機能自体をOFFにする場合は、さっきの設定ページからバーをOFFにするだけです。これで再度英語版のYahoo!にアクセスしてみると翻訳されないはずです。

また、特定のサイトは翻訳させたくなかったり、英語を日本語に翻訳させたくなかったりする場合は、翻訳ツールバーのオプションから設定可能です。

Chrome上部にある翻訳ツールバーをクリックして、「オプション」を選択します。

すると、常に翻訳するか翻訳しないのかを選ぶことができます。これを「英語を翻訳しない」とすると自動で翻訳されることはなくなります。このサイトだけ翻訳させたくなかったら、「このサイトは翻訳しない」を選択しておきましょう。

翻訳されない場合

翻訳したいけど、翻訳されない場合はすでにそういった設定がなされている可能性があります。原因としては以下の3つが考えられます。

  • 設定の「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」がOFFになっている
  • 英語を常に翻訳がOFFになっている
  • Chromeの翻訳設定がおかしい

まずは、設定から「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」がOFFになっていないか確認してみましょう。それがONになっていた場合は他の原因を考えます。

「英語を常に翻訳」がOFFになっている

オプション設定で「英語を翻訳しない」を選択していると自動的に翻訳されることはないです。これを自動的に翻訳させるように戻すには、再度「英語を常に翻訳」を選べばいいだけですね。

とはいっても、この状態だと翻訳ツールのボタンが表示されていません。その場合は、画面上で右クリックし、「日本語に翻訳」をクリックします。

クリックすると、Chromeのアドレスバーにお馴染みの翻訳ボタンが表示されるので、これをクリック。

以降は、自動的に翻訳されるはずです。以前の設定がそのままの場合はそうもいかないこともあるので、その場合は、「オプション」→「英語を常に翻訳」を選択すると英語が日本語に翻訳されると思います。

Chromeの翻訳設定がおかしい

上記をやってみてもダメだった場合は、Chromeの翻訳設定がおかしいかもしれません。「chrome://translate-internals/#detection-logs」をアドレスバーに入力するとChromeの言語設定をみることができます。

下の方にスクロールしていくと、こんな表記があります。

ここが「jp」になっていない場合は「jp」と入力してupdateをクリックして再度翻訳されるか試してみましょう。

iPhoneでChrome翻訳する

iPhoneでもChromeを使った時には翻訳してほしいものですよね。iPhoneで翻訳すると以下の画像のように、翻訳ツールが下の方に表示されます。

翻訳されない場合は、設定を確認してみましょう。「設定」→「コンテンツの設定」→「Google翻訳」と進みます。

 

ここでGoogle翻訳がONになっていない場合はONにして再度ページを確認してみましょう。

AndroidでChrome翻訳する

AndroidのChromeでも簡単に翻訳することができます。

翻訳機能がONだと下の方に翻訳するかしないかの選択をすることができます。もし、翻訳機能がONでない場合は、設定を確認してみましょう。

 

右上のメニューから設定を選択し、「他の言語のページで翻訳するかどうかを尋ねる」がONになっているかどうかを確認します。なっていない場合は、タップしてONにしましょう。

まとめ

Chromeの翻訳機能はとても簡単に設定できるので、かなり便利ですよね。日本語以外のページを見たいときなんかには、翻訳機能を積極的に使っていろんな情報を取り入れることができるようになります。翻訳ができなくなった、なんて時にも対処法を書いたのでそんな時には振り返ってみてみてください。

スマホで即座に翻訳できたら便利
おすすめの記事