MacのDockを追加・削除・隠す・整理する方法

Macを使っていると、あまり使っていないアプリケーションがDockにあったり、いつも表示されていてなんか気になる、といったことも起きるかと思います。

この記事では、MacのDockを整理するための方法を紹介します。簡単にできるので、使いやすいように設定しておきましょう。

MacのDocを整理する方法

Dockを追加する

ドラッグアンドドロップすることでアプリケーションをDockに追加することができます。

FinderのアプリケーションからDockに追加したいアプリケーションを選択して移動させるだけです。

Dockからアプリケーションを削除する

Dockからアプリケーションを削除したい時もドラッグアンドドロップで行うことができます。削除の項目が出てきたらそこでドロップしてみましょう。

また、削除したいDockを右クリックし、「Dockから削除」を選択することで、Dockから削除することも可能です。

Dockを隠す

dockを隠すには設定を変更する必要があります。変更するといっても、簡単です。「システム環境設定」を開いて「Dock」をクリック。

ここにチェックを入れると、Dockが自動的に隠れるのがわかると思います。表示したくなったら、Dockが表示されていた位置にカーソルを合わせることで表示させることができる。

Dockを移動する

Dockを移動する際には、移動させたい場所にドラッグすることで移動させることができます。

Dockのサイズ・拡大縮小を調整する

Dockのサイズや拡大する大きさを調整することで、見た目を変えることができます。

「環境設定」から「Dock」を選択し、サイズと拡大のバーを調整します。自分の見やすいように設定しておきましょう。この動画では、Dockの位置を下にしていますが、「画面上の位置」は左・下・右とDockの位置を変えることができます。表示したい位置を選んでおきましょう。

Dockを整理して使いやすくしよう

Dockにあるアプリケーションは簡単に移動させたり、削除したり追加したりといったことが簡単にできることがわかったのではないでしょうか。ほとんど使わないアプリケーションは削除してよく使うものは、追加して自分好みにカスタマイズしておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事