仮想通貨の種類と違い・ランキング

仮想通貨が世の中に登場して久しいのですが、その貨幣価値は驚くほどの高騰と下落を繰り返しながら、成長しています。仮想通貨というと、ビットコインが代表的なものとして挙げられますが、その種類は実に2,600種類以上もあるとされています。

仮想通貨の種類

仮想通貨は、ビットコイン以外のものをアルトコインと総称していますが、ほとんど価値のない"草コイン"というものがあれば、ビットコインのようにこれから爆発的な勝ちを産み出そうとしているコインもあります。

仮想通貨の種類は2600種類

仮想通貨はグローバルでみると、2,600種類。それだけの種類があると、どのような役目を持って機能しているのか、理解しづらい面もありますが、必ずしある役割と目的を持って作られています。

日本

では、日本にはどんな仮想通貨があるのでしょうか?

モナコイン

日本で初めて生まれた仮想通貨で、国内の代表格と言える通貨です。2017年1月で0.023ドル、2.5円だったのが、2017年12月で1,650円と660倍の成長率です。

sakuracoin

モナコインのダミーとも称される言われるsakuracoin。知名度は低いものの、伸び率128倍。ただし、発行枚数は105万枚とい制限があるで、全ての枚数の価値を合わせても大きな規模ではありません。

コバンc0ban

小判を模したネーミングですが、これは契約している動画広告を見ることで、無料でc0banがもらえる仕組みを取っています。広告主側もc0banの動画サービスに掲載することで、最後まで動画視聴がされるので、有効的な動画宣伝が可能です。

この他にも、信頼できる人の記事に会うためのソーシャルメディアプラットフォーム構築を目的とたALIS、世界中にある仮想通貨の取引所を1つのラットフォームで扱える仕組み目指す取引所のQUOINEXが発行するトークンのキャッシュ等があります。

海外

海外の仮想通貨は、ビットコインの他に次のような通貨が有名です。

イーサリアム

このコインの特徴は、ブロックチェーンを使った契約スマートコントラクトで、通貨としての機能だけでなく、保険・不動産など権利移転に関する分野への応用ビジネスが期待されていることです。

リップル

米国のリップル社によって発行されている中央集権的な役割を考えている仮想通貨です。ビットコインより決済スピードが速く異なる通貨間の仲介役を果たすブリッジ通貨の機能を持っていることが特徴的。メガバンク含め、世界中の大手金融機関がリップルと提携を進めているところです。

ビットコインキャッシュ

ビットコイン取引量増加に伴うスケーラビリティの解決として決まったBIP-91への対抗策として生まれた仮想通貨。ビットコインと比べ、大量取引データを処理することが可能でビットコインより速い送金ができると期待されています。

ライトレールコイン

大手モールアルトコインの中では、ビットコインの次に誕生した仮想通貨。特徴はビットコインの取引承認スピードの4倍のスピードを持っていることです。

ステラ

リップルの開発者が作った仮想通貨。個人を対象にした送金・決済システム前提として開発されており、リップルと異なる独自プロトコルを実装しています。ステラは世界最大取引所どあるバイナンスで購入は可能ですが、金融庁登録の取引所では扱っていない仮想通貨でもあります。

種類の推移

そもそも、仮想通貨が世間に知られるようになったのは、2008年にインターネット上で論文が提唱されたことが端を発しています。それまでごく僅かな人しか持っていなかったビットコインは、2010年に両替可能な取引所が生まれ、その数ケ月後にはビットコインを使用した取引が行われています。

それ以降、爆発的な成長と色々な変遷を見せてきたビットコインは、ここから派生してビットコインキャッシュ等が生まれてきました。
また。この他に、ビットコインのトークンの進化系とも言えるスマートコントラクトを持つイーサリアムやリップルコイン等が、色々な機能を持つ仮想通貨が生まれて来ているのです。

仮想通貨の種類の違いは?

仮想通貨は、大きくビットコインとビットコイン以外のアルトコインの2つに分けることができます。ビットコインとアルトコインの違いでは、まずビットコインは、1番最初に誕生した仮想通貨で、全てのアルトコインの元となっている仮想通貨です。
そして、ビットコインが高騰する中でビットコインに続く仮想通貨として、多くの投資家からの注目を集めています。しかし、アルトコインの種類は様々に分かれているのが特徴です。

目的やできることが違う

このように仮想通貨は「ビットコイン」とビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼び、大きく2つに分けることができます。

まず、ビットコインとは、1番最初に誕生した仮想通貨で全てのアルトコインの元となった仮想通貨のことです。そしてアルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を指す言葉のことで、ビットコインが高騰する中でビットコインに続く仮想通貨が誕生するのではないかとして、今、投資家からの注目を集めています。しかし、アルトコインもその中では様々な種類に分かれているのが特徴です。

通貨としての役割

まずは、通貨としての機能を果たすコインです。ビットコインが代表的です。次の挙げられるのが、開発プラットフォーム系のアルトコイン。開発プラットフォームとは、アプリを開発する共通の場所であり、そこで提供している機能・サービスを指しています。

開発プラットフォームとしての役割

仮想通貨の中には、通貨としての役割だけではなく、開発プラットフォームを提供しているコインもあります。
イーサリアムが有名です。

独自サービスとしての役割

3つ目の種類は、独自サービス系です。仮想通貨のネットワークを通じて、様々なコインの独自サービスも併せて提供しています。開発プラットフォームは、アプリを開発する場を提供していますが、独自サービス系仮想通貨は、アプリそのものを提供しています。著名な仮想通貨はリップルでしょう。

価格が違う

仮想通貨は、もちろん価格も様々です。高騰を見せるビットコイン、イーサリアム、リップルの他に、現段階ではあまり価値が高くない安価な草コインももあります。
しかし、草コインも利用価値が認識されていくことで、一気に数百倍の高騰を見せることも少なくありません。

仮想通貨の種類のランキング

仮想通貨の種類で人気のランキングを見ると、こんな感じになるかもしれません。

コイン系

  1. Bitcoin(ビットコイン)
  2. Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  3. Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
  4. nem(ネム)
  5. DASH(ダッシュ)
  6. Monero(モネロ)
  7. RaiBlocks(ライブロックス)
  8. Verge(バージ)
  9. Zcash(ジーキャッシュ)

開発プラットホーム系

  1. Ethereum(イーサリアム)
  2. Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
  3. TRON(トロン)
  4. EOS(イオス)
  5. NEO(ネオ)
  6. Lisk(リスク)
  7. ICON(アイコン)

独自サービス系

  1. Ripple(リップル)
  2. ADA(エイダコイン)
  3. Siacoin(シアコイン)
  4. OmiseGo(オミセゴー)

このように仮想通貨は、様々な目的と種類によって分かれてきます。

電化製品の関連記事
  • 離れていても相手に触れることのできるブレスレットがあるらしい
  • 電化製品をレンタルできる「レンタマ」を使ってみた!
  • Apple TVでできることとおすすめのアプリを紹介!
  • iPhoneのウイルス対策アプリは何がいいの?おすすめを紹介!
  • 主要都市で体験できるおすすめVR施設と、ちょっと変わり種施設のご紹介
  • ガジェットケースの可愛くておしゃれでおすすめのものを紹介
おすすめの記事