Amazon Echo Dotの音質を上げ、持ち運びを可能にするスピーカー「400-SP077」が発売!

スマートスピーカーが世の中に浸透してきましたね。この前もAmazonからディスプレイ付きのスマートスピーカーが販売されたばかりですが、あなたの家にはあるでしょうか。Amazonのスマートスピーカーの中では、Echo Dotがお手頃なので、目をつけている人もいるかもしれません。

ただ、給電が常に必要だったり、その小ささゆえ音量が気になったりするでしょう。この問題を解消するAmazon Echo Dot専用の拡張スピーカーが新たに販売されました。簡単にくっつけて使うことができそうです。

アマゾンエコードットの拡張スピーカー「400-SP077」とは

「400-SP077」はAmazon Echo Dotのスピーカーを拡張することができるもので、スピーカードックの中にEcho Dotを入れることで音を拡張することができます。

デザインは円柱型でなんだかAmazon Echoみたいな形ですね。Amazon Echoがスポットはまっています。

Amazon Echo Dot専用ドックスピーカー

この製品はAmazon Echo Dotの専用スピーカーなので、それ以外には使えません。Amazon Echo Dotは常に給電が必要だから使う場所も限られてしまうけど、これがあればどこでも使うことが可能になる。Amazon Echo Dotを持っていて、持ち運んでも使いたい!というならばいいですね。

Amazon Echo Dot専用設計なので、マイクやライトリングをそのまま使うことができます。このまま話しかけて今まで通りに使うことができるのは、良いですね。

やはりスピーカーの音はもちろん大きくなりますよね。もうちょっと大きい音で音楽を聞きたい時なんかに役立ちそうです。

サイズはAmazon Echo Dotの約6倍

サイズはAmazon Echo Dotとは大きく変わり、そのサイズは約6倍です。

Amazon Echo Dotは手のひらサイズなのでかなり小さいですが、これはそうもいきません。いつもの小ささに慣れているならちょっと大きく感じてしまうかもしれませんね。

Amazon Echo Dotと有線接続

Amazon Echo Dotとどのように接続するかですが、有線接続です。入れたら勝手に接続されるのかなあ、とか思っていたけど、そううまくはいかないようです。

ジャックを差し込んで接続ですね。

4400mAhバッテリー搭載

バッテリーを内蔵しているので、Amazon Echo Dotに給電可能ということです。4400mAhなので、結構持ちそうですね。連続使用で約6時間持つそうですよ。充電は付属のUSBケーブルで充電です。

充電は約5時間で完了です。

スペック

重さは625gとまあまあですね。そこまで色々ついているわけでなく、シンプルですね。簡単に使うことができそうです。

まとめ

Amazonのスマートスピーカーは色々種類がありますが、Echo Dotは手頃に手を出すことができる価格なので、持っている人も多いでしょう。ただ、やっぱり給電が面倒だったり、音の大きさが気になったりするかもしれないですね。そういったときには、今回紹介した400-SP077を使ってみるのもありかもしれません。

スマートスピーカーが欲しいけど、どれを選んだらいいのか分からないという場合は、こちらの記事もおすすめです。

[kanren postid="8944"]

そういえば、キッズ向けのEcho Dotなんていうのもあるみたいですよ。

[kanren postid="9990"]
おすすめの記事