Macのキーボードが無料で修理してもらえるかもしれないぞ!

せっかく高いお金を払って買ったMacが壊れてしまって修理になってしまったら悲しいですよね。せめて修理代は無料にしてほしいもの。もし、キーボードが壊れてしまってた場合は、無料で修理してもらえるかもしれません。

無料修理の対象症状

無料で修理してもらえるう対象の症状は以下のものです。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

文字が表示されない、なんて致命的な問題ですよね。キーがスムーズに返ってこないなんていう物理的な問題も許容しているようです。修理には、1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあるようです。

無料修理対象モデル

無料対象のMacモデルは以下の通り。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

修理は以下の3つの方法から選ぶことができるようです。

  • Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください。
  • Apple Store 直営店: あらかじめこちらからご予約ください。
  • 配送修理:こちらから Apple リペアセンターへの配送手配をしてください。

まとめ

無料で修理してもらえるのはいいですね。Macは高いですからこういったことをしてくれるのは嬉しいです。自分もMacを使っているので、壊れないように丁寧な扱いを心がけたいものです。

おすすめの記事