かけるだけでメラトニン分泌を調整し、睡眠の質を向上させるスマートグラス「PEGASI Smart Sleep Glasses」が凄い!

夜なかなか寝られなくて困っているのではないでしょうか。寝られなくてスマホをいじって、さらに目が冴えて寝られないという悪循環に陥っている方もいるでしょう。その悪循環を断ち切るために夜は自然に眠気に誘われたいものですよね。

最近はIotもどんどん進んできて、睡眠に特化した製品もあるんです。PEGASI Smart Sleep Glassesを使えば、メラトニンの分泌を調整して日々の睡眠を改善してくれるかもしれません。

かけるだけで睡眠の質を向上してくれるなんて、そんなメガネあるのか・・・!?

PEGASI Smart Sleep Glasses

PEGASI Smart Sleep Glassesは、快適な睡眠をサポートするためのウェアラブルデバイス。なんでも光療法を使って睡眠の質を向上させてくれるみたいです。人間の神経系を刺激し、メラトニン分泌のレベルを調節する信号を与え、科学的に睡眠の質を改善してくれます。

メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれる自然な眠りを誘う作用のあるホルモンですね。それを調整してくれるなんてなんかすごい。

スペック

ライトを発したり、Bluetoothが搭載されていますね。メガネなのに色々ついていて未来感があります。

色は黒と白です。

薬はもういらないかも

特殊な波長光が、昼間のメラトニン分泌を抑制し、夜間のメラトニン放出を刺激してくれます。それが規則正しく体を保ってくれるので、自然に眠りにつくことができるかもしれません。睡眠薬を使っていたけど、もう必要ない!っていうことが起きるかもしれないですね。

宇宙飛行士の睡眠の質も高めたとか

2012年、NASAは、宇宙飛行士の睡眠の質を向上させるために時限露光処理を使用し、この方法が有効であることを証明したそうです。NASAが同じような方法で睡眠の質を高めたっていうのは衝撃ですね。

  1. 眼鏡を正しく装着してください。鼻パッドの幅を調整することができます。
  2. 電源を入れます:右側のボタンをクリックします。
  3.  30分間使用すると自動的に消えます。治療を終えたら、右側のボタンをクリックしてください。
  4. 午前7時から午前9時まで、30分間連続使用してください。あなたは7日間で変化を見ることができます!

メガネを装着して電源を入れてボタンを押すだけで使うことができるので、簡単ですね。

午前7時から午前9時までの30分を使用すると、夜間の睡眠の質を改善するのに役立つそうです。

かけるだけで睡眠の質が向上する

かけて電源を入れるだけで睡眠の質が向上するとは、なかなかやりますね。毎日やるのが面倒かもしれないけど、これで本当に夜眠くなってスムーズに寝ることができるならかなり良いです。メラトニンを夜に分泌させるようにするということですから、自然に「あー、眠くなってきたなあ」と感じるようになるのでしょう。

寝る前のスマホ使用は極力避けよう

夜寝る前にスマホをいじってしまって気づいたら1時間経ってた・・・なんてことを経験したことがあるのではないでしょうか。寝る前にスマホをいじると目が冴えてしまって、眠りにつくことが難しくなります。どうしても使いたい場合は、ブルーライトをカットして使いましょう。

[kanren postid="7954,7081"]

まとめ

睡眠で悩んでいる人は多いでしょうから、こういった製品を使って眠りにつくことができるなら良いかもしれませんね。クラウドファンディングの製品なので、まだ発売はしていませんが商品化したら使ってみたいものです。詳しく知りたかったら、製品ページを見てみるといいでしょう。

おすすめの記事