AmazonEchoにはこんな問題もあったよ!今までの問題点をおさらいしよう

声で呼びかけることによって、音楽をかけたり照明を操作することができるAmazon Echoですが、かなり便利ですよね。ベッドから動かなくてもいろんなことをすることができるし、スマートホーム化すれば家の中を歩くことなく家を管理することができます。

ただ便利ですが、問題もあったようですね。この記事では、音声認識のAlexaのちょっとした問題点を書いていこうと思います。

インコでも操作可能

まずはこれです。どうやらインコでも操作可能なようです。

インコが「Alexa. All lights off」と言葉を発すると、Alexaは「OK」と言い、照明が消えています。インコがAmazon Echoに命令し、Amazon Echoがそれに反応したんです。驚きですよね、人間じゃなくてもこんなことが可能なんです。

夫婦の会話を勝手に録音して部下に転送

Amazon Echoには、登録してある連絡先を指定して相手にメッセージを送ることができ(日本では使えない)、その機能が元で以下のようなことが発生したようです。

シアトル在住のダニエルさんは、自宅のすべての部屋にEchoシリーズを置いて利用していたが、ある日夫の部下から電話で「今すぐAlexa端末の電源を切ってください。盗聴されていますよ」と連絡があったという。この部下は夫の連絡先リストに載っており、電話でダニエルさん夫妻の会話を受信したと説明した。

Alexaが会話の中で「メッセージを送信」と命令された、と誤って受け取ってしまったようですね。日本ではメッセージを送信できる機能はまだないけど、怖い。

Alexaが突然笑い出す

Alexaが突然笑い出すと言うのは、一時期有名になりましたね。この動画は、夜中に一度笑ったため、「Alexa,replay」と言って、再現してから撮影を行なったもののようです。

Alexaが突然笑い出す問題について、米Amazon.comがメディアに送った説明はこうだったようです。

 「ごくまれに、Alexaは“Alexa, laugh(笑って)”という(笑うよう命ずる)フレーズを間違って聞いてしまうことがある。このフレーズを“Alexa, can you laugh?(笑える?)”に変更し、“Alexa, laugh”には反応しないようにする。また、Alexaが笑うときは、突然笑い出すのではなく、「はい、笑えます」と言ってから笑い声を上げるように変更する」

でも、突然笑い出す問題に関しては分かりませんよね。謎です、怖いです。

これからも問題はあるかもね

新しいものだし問題も起こるでしょうが、こういうのはなんだか怖いですよね。自分の知らないうちに自分たちの情報が漏洩されていたり、なんてことがあったりたまったもんじゃないです。

これからどんどん機能が追加されていって便利になっていくかもしれないけど、その分こういったことが起きる確率も高まっていきそうです。ちゃんと理解してから使いたいものです。

グッズの関連記事
  • スマホスタンドの選び方と使い方 !100均でも買えるらしいぞ!?
  • スマホのおすすめワイヤレス充電器2選!
  • Androidスマートウォッチで何ができるのか?機能・特徴を紹介!
  • AppleWatchでできることと便利な機能とは!?
  • タブレットやスマートフォンでイラストを描く際のペン選びと自作方法
  • Apple Pencilって一体何者?機能と選び方を徹底解説!
おすすめの記事