アップルが「iPhone」のバッテリ交換者に5600円を返金するようですよ

2017年にiPhoneのバッテリー交換をしたという人もいるのではないでしょうか。Appleでは、2017 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 28 日までの間に iPhone 6 以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行った人に対して5,600 円分のクレジットを提供するということです。

バッテリー交換の返金額は5600円

Apple では、2017 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 28 日までの間に iPhone 6 以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行われたお客様に対し、5,600 円分のクレジットを提供しております。

以前にバッテリーを交換した人ならこのチャンスを逃すわけにはいかないでしょう。2017年のほぼ一年間なので、この期間にバッテリー交換をしたユーザーは結構多そうです。その時に支払った額は8800円ですから、今回の5600円の返金はかなり大きいですね。

バッテリー交換の価格が引き下げられたのは、2017年12月

そもそも、どうしてバッテリー交換の価格が引き下げられたかというと、iPhoneの性能を意図的に抑える場合があるということを認めたことを覚えているでしょうか?

バッテリ劣化で「iPhone」の性能が下がる問題、アップルが理由を説明

 Appleが米国時間12月20日、「iPhone」の比較的古い一部の機種で性能を意図的に抑える場合があることを認めた。リチウムイオンバッテリの経年劣化などによって、シャットダウンが起きる問題を防ぐためだという。

そして、Phoneのバッテリ交換の価格が3200円に引き下げられました。新価格は12月から適用されたけど、価格が引き下げられる前にバッテリを交換したユーザーも多かったということですね。

交換保証対象者にはメールが

今回のバッテリー返金の対象となる方には2018 年 5 月 23 日から 2018 年 7 月 27 日までの間にメールが来るようです。

対象となるお客様には、2018 年 5 月 23 日から 2018 年 7 月 27 日までの間に Apple からメールでご連絡させていただきます。このメールにクレジットの受取方法も記載されています。

銀行振込かクレジットカードへの払い戻しになるそうです。詳しい情報はiPhone 保証対象外バッテリー交換クレジットを見ておくといいかもしれませんね。

iPhoneのバッテリー状態を調べるには

この記事を見て、返金対象ではないけど自分のiPhoneのバッテリー状況が気になった方もいるのではないでしょうか。

iPhoneでは「設定」→バッテリーバッテリーの状態と進むことによって現在のバッテリー状況を確認することができます。「バッテリーの状態」の画面にある最大容量には、新品時と比較したバッテリー容量の基準がパーセントで表示されます。

iPhoneバッテリー交換の現状(診断・費用)と、電池の劣化を抑え寿命を延ばすコツ

詳しくは上記の記事を見て見るといいかもしれませんね。

おすすめの記事