VTuberを3次元に進化させる「サンジゲンカProject」を使って3D化を実現しよう!

バーチャルYoutuberと言えば、キズナアイをはじめ、いくつかのYoutuberが浮かび上がって来るものですよね。知らないだけで他にもたくさんのYoutuber存在します。

[kanren postid="7762"]

さらに最近では誰でも、VTuberになれるということで、ホロライブ等のアプリがリリースされたりとその勢いは中々のものです。

[kanren postid="9954,10061"]

VTuberになってみたい人はもう試したかもしれませんね。バーチャルYouTuberとして活動しているYouTubeチャンネルが2000件を超えたようです。

中にはものすごい技術を持ったものもいるかもしれませんが、資金面や技術的ハードルで3D化を断念しているクリエーターも存在しています。こんな背景から、3Dモデル化をサポートするプロジェクトが発足しているようですよ。

サンジゲンカProjectとは

サンジゲンカProject

2Dには2Dの良さがあるけれど、3Dのよりリッチな表現にも憧れる...。
「サンジゲンカProject」は、資金面や技術的ハードルで3D化を断念していたVTuberのみなさまのためのプロジェクトです。

3D化をさせたいVTuberのためのプロジェクトで、クラウドファンディングや3Dモデル化をサポートしてくれるプロジェクトです。これは、本気で3Dモデルを扱いたいのであれば、チャンスですよね。

マクアケが3D化のクラウドファンディングをサポート

「かわいくなりたい!バーチャルYouTuber『富士葵』をかわいくするプロジェクト」を知っているかもしれませんが、マクアケは、このプロジェクトで2000万円以上のクラウドファンディングを成功させています。

かわいくなりたい!バーチャルYouTuber『富士葵』をかわいくするプロジェクト

2000万円以上ってすごいですよね。それだけお金があれば結構な政策ができるのではないかと思います。このプロジェクトを成功させたマクアケがサポートしてくれるんだから期待できますね。

技術面ではCluster.が支援

「cluster.」は誰でも手軽にバーチャルルームを作ることのできるサービスを提供しています。

バーチャル空間を作ってしまうような技術力を持ったcluster.が、3Dモデリングの制作や機材などの配信サポートをしてくれます。かなり心強いのではないでしょうか。自分だけではできないような3D制作をすることができるでしょう。

サンジゲンカProjectの応募条件

やはり応募条件はあるものですよね。

・VTuberとして動画投稿、ライブ配信を行っていること
・YouTubeチャンネル登録者数1万人以上

お申込みいただいた方の中から、これまでのご活動内容や今後の活動方針等に鑑みてご連絡を入れさせていただきます。とのことです。

バーチャルYoutuberのニーズも高まっていくのかも?

こんなプロジェクトもあるぐらいですから、バーチャルYoutuberの人気もどんどん大きなものになっていくのかもしれませんね。もしかしたらYoutubeのみならず他のメディアやアプリなどに進出していくかもしれないです。「会いにいけるバーチャルYouTuber」のニーズが増えていったらどうなるかを想像するとどうでしょうか。

現実世界とバーチャル世界の境界がなくなっていく未来がみえますね。

おすすめの記事