ドコモからAIエージェントサービス「my daiz」が始動!スマホ・タブレットで使用可能になるぞ!

 

自分の声に反応して電気をつけてくれたり、音楽を流してくれるスマートスピーカなどAIを思わせる製品がどんどん出ていますが、ドコモからも「my daiz」というAIエージェントサービスが出てきたようです。

スマホとタブレットで使えるようだが、一体どんなことができるようになるのだろうか?

my daizとは

my daizは従来のコンシェル系サービスに「先読みエンジン」と「多目的会話エンジン」「AIエージェントAPI」を盛り込んだようで、今までのものとは進化を遂げているようです。

my daizはドコモのAIエージェントサービスですが、キャリアフリーのサービスなのでドコモの回線契約はなくても使えるようです。Androidだけでなく、iOSのユーザーも使うことができ、iOS端末ならドコモ回線がなくても5月30日から使えるとか。

my daizができること

個人個人に対する情報提供や音声操作をしている場面が見られますね。

「マイデイズ、〇〇」と呼びかけることで、操作をしていますね。GoogleやAmazonの「OK、Google、〇〇」「アレクサ、〇〇」と比べるとどうでしょう。なんだかちょっと呼びにくい気がしますよね。やっぱりアレクサが一番呼びやすそう。

ただ、この呼び出す際のキーワードは、設定から変更でき、「ハイデイズ」「ねえデイズ」「トークモード」などいくつかのプリセットワードの中から選択することができるようです。違和感なく呼び出すことのできるものが良いですよね。

天候や交通状況に合わせてお知らせ

my daizはひとりひとりに合わせて学習していくようで、天候や交通状況が悪かったら早めにアラームを鳴らしてくれたりすることもしてくれるようです。この機能は、遅刻が許されない会社員の方には大助かりの機能なのではないでしょうか。

位置情報に合わせて提案

位置情報に合わせていろんなことを教えてくれるようです。博物館にいれば、会場を回るのにかかる時間を教えてくれたり、案内してくれたりと中々便利ですね。

スーパーのおすすめ

スーパーでの今日のおすすめを教えてくれたり、買い方のおすすめを教えてくれたりします。ここまで個人に対応してくれるのはやりますね。

ハードウェアとの連携も

このmy daizはスマホやタブレットに止まらず、ハードウェアにも進んでいくようです。以前記事にしたXperia Ear Duoというちょっと変わったイヤホンにも加わるようですよ。

[kanren postid="9447"]

タップでマイデイズを呼び出し、音声操作が可能になるようです。

AIがモノに浸透する時代が来てますね

今の技術は、まだまだAIと呼ぶにはふさわしくないかもしれませんが、それでも言葉で喋りかけることによっていろんなことをしてもらうことが可能です。音楽をかけてもらったり、電気を調整したりですね。

Amazon Echoなんかのスマートスピーカーを家の中において楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。実はあれにも結構種類があって面白いです。

[kanren postid="8944"]

イヤホンにもこういった機能がついてきて、耳につけているだけでいろんなことを教えてくれたりもします。これからは、もっといろんな製品にAIが搭載されていきそうですね。

おすすめの記事