Youtuberオーディションってこんなにあったんだ!期待の新人が輩出されているかもしれないぞ!

Youtuberが当たり前のように溶け込んできて、毎日Youtubeで動画を見る、なんて人も結構な数いるのではないでしょうか。新人のYoutuberをチェックするのが好きな人もいるかもしれませんね。

今回の記事では、そんな期待の新人を生み出すYoutuberオーディションをちょっと見ていきたいと思います。終わったオーディションばかりですが、Youtuberのオーディションって結構あったんですね。

女子高生Youtuberオーディション

女子高生Youtuberオーディション

フツーの女子高生から、卒業!と書かれていますね。

FINALISTSの方がちらっと紹介されていますが、出身地を見るといろんなところからエントリーしているんですね。この方達のYoutuberチャンネルは、女子高生Youtuberオーディションのページからリンクで飛ぶことができますよ。

ファイナリストは5人いるんですが、動画をたくさんあげている人もいますね。

こちらの2人は結構な頻度で動画をあげているようです。ファイナリストが気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

このオーディションでは、OFFIIAL SUPPORTERとしてYoutuberの「めがね」や「ほりえりく」が参加したようですよ。応援んメッセージの動画なんかもあっていいですね。

さんこいちのインタビュー記事なんかもあります。ファンなら見たいはず。

ゼロから始めるYoutuberオーディション

ゼロから始めるYoutuberオーディション

2020年に活躍出来るYouTuberを発掘、育成するオーディションを開催!動画制作未経験でもYouTuberに育てます。あなたの“夢中”をYouTubeで発信しよう!

合格者はBKGというチャンネルみたいです。合格者はもっといるかと思いましたが、1組だけなんですね。

合格者には賞金10万円やチャンネルのプロデュースなどをしてくれるようですね。ただ、そこまで動画をあげているわけではないようですね。せっかく合格者になったのだから動画もっと出せばいいのに、そういうわけにもいかないんですかね。

これからに期待です。

【XFLAG】XFLAG発!新YouTuberオーディション (業務委託)

【XFLAG】XFLAG発!新YouTuberオーディション (業務委託)

XFLAG発のYoutuberオーディションです。XFLAGといえば、モンストで有名な企業ですよね。モンスト好きであれば、聞きなれた名前なのではないでしょうか。

「XFLAG」スタジオで手がける新Youtuberとして動画配信を担当していただきます。と記載されているので、オーディションっていうよりもXFLAGの仕事としてYoutuberをするようですね。

業務内容としては、以下のようなことをやるようです。

・YouTubeチャンネルや生放送企画などに出演
・YouTubeチャンネルや生放送企画などの動画企画・立案(主に動画の概要について)
・XFLAGが主催するイベントに出演
・SNSでのアカウント運用

XFLAGが主催するイベントに出演したりすることができるっていうのは、人によってはなかなか魅力的かもしれませんね。

エイベックス Youtuber女子オーディション

Youtuber女子オーディション

ヒカキンやはじめしゃちょーなど人気YouTuberが所属するUUUMとエイベックスがタッグを組んでYouTuber女子を大募集したようですね。

審査内容は以下のようなものだったみたいです。

【一次審査】
応募いただいた、映像、プロフィールを審査いたします。

【二次審査】

課題映像審査

以下、3つの課題のなかから1つを選択し、3分~5分の課題映像の提出。

  1. おススメのコスメ、ファッションなどを自分流にPRした映像
  2. 大食い、グルメ、食品紹介など「食」に関するレポート映像
  3. 歌、ダンス、演技、お笑いなどパフォーマンス披露の映像

審査を通過した人の動画などが掲載されていないのが残念です。

世界初、アイドルに特化したバーチャルYouTuberオーディション

バーチャルYoutuberオーディション

歌って踊れるバーチャルYouTuberを発掘・育成していく目的に作られたプロジェクトだそうで、採用されるとオリジナルキャラクターやオリジナル音源を提供してくれるみたいです。

YouTube上でのライブ配信や、リアルライブ活動、CD販売をおこなうみたいなので、VTuberとしてそういった活動をしたいのであれば、良いかもしれませんね。応募ページから詳細を確認することができます。

やっぱりYoutuberって厳しいのかも

オーディションに良い感じで進んだ人のチャンネルをいくつか見ましたが、やっぱり再生数やチャンネル登録者数を増やすのはかなり難しいんだなあ、と感じてしまいました。特に今はYoutuberをみんなやりたがるし、ここから這い上がっていくのは並大抵の努力では厳しいのかもしれませんね。

  • 就活で内定を獲得するために「就活メンターズ」を使ってみるのはどうだろう?
  • Twitterのツイート有料機能が登場か・・月額2970円らしい・・・!?
  • どこでもコンサートホールにしてしまうスピーカー「ZONE」が格好良い
  • デザインを気にしたポートフォリオを作るなら、foriioは使ってみてはどうだろう?
  • 英会話の独学勉強法に「DMM英会話なんてuKnow?」を使ってみてはどうだろう?
  • IoTのある暮らしを体験するなら&AND HOSTELに宿泊してみてはどうだろう?
おすすめの記事
Lenovoのmii2 8を使用してみた感想
タブレット
Lenovoのmii2 8のレビュー記事。 lenovoのタブレットというと、マイナーなイメージがあるかもしれませんが、実際どうなのか。 良...